安音です♪

 

東日本大震災の石碑

あの震災から11年。

当時被災地になった私の地元でも、今日はいろんな追悼行事が行われてます。

 

当時まだ小・中学生だった子供達が、今は立派な大人になって、復興に向けた活動をしてる、という話もよく聞くようになりました。

そのくらい、結構な時間が経っちゃったんだなぁと思うこのごろ。



 

東北沿岸の町では、今も2,000人以上の方の行方が分かってません。

知り合いの中にも、ご家族があの日以来行方不明になって、11年間帰りを待ち続けてる人がいます。

 

私の自宅は幸い、大きな被害はなかったんですが、長いこと電気や水道が止まって不自由な生活を送りました。

家が無事だったからまだいいとはいえ、ああいう経験は二度としたくない。

 

 

最近もトンガで噴火があって、日本にまで津波が来ましたよね。

こちらでも夜中に津波注意報が出たんですが、防災無線のサイレンを聴くと無意識に涙が出てくるんです。

勝手にあの時のことがフラッシュバックするというか。

 

宮城県の沿岸から望む海

そんな大変なことがあった中で、少しずつ町では、震災前と変わらない生活を送れるようになりました。

更地になってるところも多いけど、道路や建物も整備されてきたし。

 

ただ、復興ってそうスムーズにはいかないものなんですよね。

原発をどうするかとか、どこに何を造るんだとか、いろんな課題に直面する。

 

そしてそのたびに、意見が合わない人同士のぶつかり合いも起きる。

 

山の上から見る太平洋

震災から11年が経って、今世界が直面してるのはコロナ。

しかもロシアとウクライナが揉め出して、軍事侵攻なんていうとんでもないことも始まっちゃうし・・

 

 

人間だから、そりゃ価値観や考え方が違って当たり前です。

でも、コロナに関するゴタゴタとか、今回のウクライナ情勢のニュースを見るたびに、「思いやり」って絶対忘れちゃいけないな、と感じます。

 

それは震災当時も思ったこと。

あの時、世界中の人達が被災地に心を寄せているのを見て、私もすごくあったかい気持ちになりました。

 

その優しさを、これからいろんな問題に直面した時とか、普段の生活の中でも活かしていくべきなんじゃないかな、と。

 

高台から望む港

世界中、全ての国や人が平和に暮らすことって、多分不可能。

何かを解決しようと思っても、全員が納得出来る答えを出すのは難しいですよね。

誰かの意見を採用する時、それと違う考え方を持つ人は我慢しなきゃいけない。

 

ただ「こんな考え方もあるんだ」とお互いに受け容れて、相手の声に耳を傾けようとすること。

地球に暮らす生き物の中で、人間って唯一それが出来る存在だと思うんです。

 

 

これから世の中がどうなっていくのかは、誰にも分からない。

またどこかで災害が起きたり、悪い病気が広がるかもしれない。

他の国でも戦争が始まるかもしれない。

 

でももしそうなった時は、誰かを非難したり力で押さえつけるんじゃなく、相手の想いも受け容れて理解しようとする。

そんな人が増えて欲しいし、私もそうでありたいと思ってます。

 

 

・・ちょっとマジメな話になりましたが、ついでにこの曲紹介しておこうかな。

去年の今日、noteに投稿したピアノ曲です。

震災から10年の節目を迎えて、当時の記憶・これからの想いを込めて作りました。

 

本当は今年も何か上げようかと思ったんですが、最近のブログで書いたように、創作が停滞気味なので(汗)

過去作品の紹介だけにしておこうと思います。すみません~(>_<)



 

あと最後に、この間読んだ本について少し。

妹尾まいこ『幸福な食卓』

↑妹尾まいこさんの小説『幸福な食卓』です。

映画化もされてるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ある朝突然「父さんは父さんをやめる」と宣言し、仕事を辞めて大学を目指し始めた父。

その父と一年前に離婚して、今は一人暮らしを楽しんでるものの、しょっちゅう家に顔を出す母。

「真剣ささえ捨てれば困難は軽減出来る」がモットーで、いつも呑気な兄の直ちゃん。

 

主人公・佐和子の家族は、ちょっと変わっていて何かがズレている。

そんな一家の日常を、4年間に渡って描いた物語です。

 

 

確かにこの主人公家族、端から見ると「なんか変だな」という感じなんですが、彼らにとってはそれが「当たり前」なんですよね。

 

私の家族だって、他の人から見れば結構変わってるところが多いと思います。

口数が少ないから食事は無言だし、その食卓でかけるラジオはNHK(AM)と決まってたりとか・・^^;

 

変だけど、それが当たり前。

そんな「当たり前」こそが一番の幸せ

この作品が言おうとしてるのって、恐らくそういうことなんじゃないかなと思いました。

 

 

震災やコロナじゃないけど、それまで当たり前だと思ってたものの大切さって、辛いことに直面した時に初めて気付くじゃないですか。

 

主人公の佐和子も、物語の終盤でどうしようもなく悲しい出来事と向き合います。

その時に、今まで自分でも「なんか変」と思っていた家族の存在が、いかに幸せなものだったかを知るんです。

 

だから、まさに今の時季にぴったりな作品かもしれませんね。

私も、映画のほうを観る機会があったら観てみようと思います。

登場人物もみんないい人ばっかりなので、あったかい気持ちになりたい時に是非(*´ω`)

幸福な食卓 (講談社文庫)
created by Rinker

 

安音でした、チャオ♪