安音です♪

 

読書の秋ですね。

しかも10月27日~11月9日までは読書週間なので、秋のひとり時間に楽しめそうな本を先日図書館で借りてきました。

 

それがこちら。

星新一ショートショートセレクション『盗賊会社』

↑星新一さんのショートショートセレクション(作品集)です。

いっぱい種類があったんですが、今回選んだのは『盗賊会社』

 

 

星新一さんといえば、「ボッコちゃん」をはじめ、数多くのSF作品を書かれてる作家さんですね。

子供向けのお話が多いですが、大人が読んでも充分楽しめるものばかり。

 

中でも私が好きのが「おーい でてこーい」というお話です。

おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)
created by Rinker

 

台風が明けた翌日、村の社(やしろ)があった場所に、底が見えないほどの大きな穴が出来ていた。

村の人達は話し合って、そこをゴミ捨て場にすることに決めます。

 

そうしていらなくなった書類やら、産業廃棄物やら浮浪者の死体、さらに放射性物質まで、ありとあらゆるものを穴に捨てていく人々。

地上からはゴミが消えて、空気はどんどん綺麗になりました。

 

ところがお話の終盤、その穴は空と繋がっていたことが分かるんですよね~・・( ̄▽ ̄;)

 

 

この作品が中学時代、英語の教科書に載ってたんです。

英題は「Can Anyone Hear Me?」
(同世代で教科書がニューホ〇イズンだった方はご存知かと.笑)

 

それがもう忘れられなくて。

当時は作者が星さんということは知らなかったんですが、後になって原作の存在を知って「日本の作家さんが書いたものなんだ!」とびっくりしたのを覚えてます。

 

そんなゾクッとするオチを含め、興味をそそられる作品をいくつも生み出してる星さん。

今回読んだ『盗賊会社』も、読んだ後にいろいろと考えてしまうような、社会風刺的な作品が多かったです。



 

個人的に印象に残ったのが「装置の時代」というお話。

 

自分の身体につけることで、体内の異常を調べてくれたり、健康のためのアドバイスをしてくれる装置。

領収書をマイクロフィルムに保存したり、外出前に戸締りをしたか確認出来る装置。

人間の生活がいろんな装置によって管理されている、少しだけ未来の話です。

 

大抵の装置は、3年間は絶対に壊れないという保証がされてます。

ところが、主人公の家にはもう5年以上使っている装置がたくさんあって、その数は実に1000以上・・

 

今では毎日のように、何かしらの装置が故障を起こしていて、そのたびに修理デパートに持って行かなければならない。

もちろんタダでは直してもらえないし、時間も手間もかかります。

 

生活は確かにラクになったけど、これって本当に便利だと言えるの?

と訴えかけてくるストーリーです。

 

 

だいぶ前に書かれた作品だと思うんですが、これ今の時代にも通じる話ですよね。

スマホさえあればなんでも出来るようになったし、現にスマートスピーカーなんてものも登場しちゃって。

 

テーブルに置かれたスマートフォンとコーヒーカップ

この作品の中には、「むかしの人は考えもしなかったろう」という文章が繰り返し出てきます。

 

コミュニケーションも写真撮影も、調べ物も体調管理も、電話一つで完結するようになった今。

確かに昔は、こんなに便利なものが出てくるなんて考えられなかったはず。

 

ただそれと同時に、スマホや電子機器に頼りっぱなしで、自分ひとりでは出来ないことも増えてきた。

毎月の携帯代もかかるし、だからといってもしネットがなくなったら、私だって生活出来ません(汗)

 

いい意味でも悪い意味でも、こんな世の中になるなんて、昔の人は考えてなかったでしょう、と。

 

 

もちろん役立つものは大いに生活に取り入れたいけど、それによって起きる弊害も必ずある。

バランスをとるのは難しいですが、メリットとデメリット、両方をしっかりわきまえて、上手に便利なものと付き合うようにしたいですね。

 

私も、たまにはスマホをいじらない日を作ってみようかな・・( ̄▽ ̄;)

星新一ショートショートセレクション〈12〉盗賊会社
created by Rinker

 

表紙のイラストと、挿絵を手掛けてるのは和田誠さん。

線一本で描かれた可愛らしい絵が、各話に一つずつ入ってます。

学校の教科書を思い出して懐かしい気持ちになりました(笑)

 

児童書だから読みやすいし、短いお話ばかりなので、小説が苦手な方でも読みやすいと思います。

是非秋の夜長にお楽しみくださいね。

 

 

安音でした、チャオ♪