安音です♪

 

先日9月9日は重陽の節句でした。

「菊の節句」ともいいますね。

 

うちでは3月の桃の節句と、5月の端午の節句くらいしか馴染みがなくて、重陽の節句って実はあまり知らなかったんです、恥ずかしながら・・(汗)

 

でも、今年はそういった行事について理解を深めたいと思ってたので、この日もちょっとだけ特別なことをしてみました。

まあ、ただ夕飯に行事食食べるだけなんですけどね( ̄▽ ̄;)

 

 

重陽の節句に食べるものは、菊の花を浮かべた菊酒とか、秋の味覚である栗や秋ナス。

というわけで、この日の夕食はこちらです。

舞茸栗ご飯とナスの炒め物

↑舞茸が入った栗ご飯に、ナスと挽肉・キュウリの生姜炒め。

生の栗を処理する余裕なんかとてもないので、瓶詰めの甘露煮を使ってます^^;

しかも炊き込みご飯じゃなく、塩を振ってレンチンした舞茸と一緒に混ぜ合わせただけ。

 

でも、栗ってうちではほとんどお正月にしか食べないので、久々に食べたら美味しかったです。

甘露煮だから甘味もあるし、秋だなぁとしみじみ思いました。

 

お酒は飲めないので、肝心の菊酒は省略(苦笑)

代わりに菊花大根とかでも良かったけど、難しそうだし・・



 

そんなこんなで、ちょっとずつ季節の変化を感じるこのごろ。

最近はこちらの小説を読みました。

↑さだまさしさんの『解夏(げげ)』

あのミュージシャンのさだまさしさんです。全部で4つの作品が収録された短編集。

 

夏の終わりにおすすめの小説をネットで探したら、これが出てきたので図書館でレンタルしました。

20年近く前の作品ですが、映画化もされてるんですね。

 

表題作の『解夏』は、主人公が難病を患い、次第に両目の視力を失っていくという物語です。

 

「解夏」は禅宗の言葉。

昔の修行僧は、夏が始まると寺に籠り、座禅しながら共同生活を送ったといいます。

その修行が始まる日を「結夏(けっか・けつげ)」といい、そこから解放される夏の終わりを「解夏」と呼ぶ。

 

病気によって、いつか確実に目が見えなくなってしまう主人公・隆之。

そんな彼は、お寺を訪れた時に一人の老人に出会い、この話を聞かされます。

 

失明に怯えている今は、禅宗における「行」のようなもので、とても辛く苦しい時間。

でも光を失うのと同時に、その恐怖からは解放されることになる。

それが隆之にとっての「解夏」である、と。

 

 

災害とか病気とか、とてつもなく辛いことが自分に起こった時、どうやって乗り越えるか。

どうにもならないのであれば、自分に出来ることって、ただ「受け容れる」ことだけだと思うんですよね。

 

「成るように成る」と、いい意味で諦めること。

すごく怖いし、不安かもしれないけど、周りの人のありがたみとか、新しく気付けることもあるんじゃないか、と思います。

まさに今、コロナで世の中の価値観が大きく変わったみたいに。

 

 

最後の最後で、隆之は本当に目が見えなくなってしまうんですが、決して悲しい終わり方じゃありません。

むしろ心が穏やかになって、希望を見つけられたような、そんなラスト。

 

嫌なことが毎日いっぱい起こってるけど、ちゃんと乗り越えられるように、私達も試されてるのかも、なんて考えちゃいましたね。



 

個人的に好きな作品は、一番最後に収録されてる『サクラサク』

 

老人性痴呆症を患った父親と、とある出来事から自分に心を開かなくなった妻と子供達。

バラバラになっていた主人公家族が、崩壊の危機を乗り越えていくというお話です。

 

過去のブログでも何度か書いてるんですが、やっぱり私、家族モノに弱いなぁ(笑)

ぶつかり合ってた親子が和解したり、優しいおじいさんおばあさんが出てくると、すぐ涙腺が緩んでしまう。

 

 

実はうちでも、最近祖父母の物忘れがどんどん酷くなってる気がするんです。

水を出して蛇口を閉めるのを忘れたり、自分で買ってきたおつまみのことを忘れて、賞味期限を切らしてしまったり。

正直、私もちょっとイラっとする時があります^^;

 

でも、相手だって別にそうなりたくてなってるわけじゃないんですよね。

歳だから仕方ないことなんだし、さっきも書いたけど、やっぱり「人間そういうものなんだ」と受け容れることが大事。

 

 

そして、家族だからと恥ずかしがらずに、お互いの気持ちを伝え合うことが必要なんじゃないかな、と。

 

反抗的な男の子も、もしかしたら、誰にも言えない悩みを抱えてるかもしれない。

仕事一筋でめちゃくちゃ厳しいお父さんも、愛情の示し方が分からないだけで、本当は自分のことを心配してるのかもしれない。

 

この作品の家族も、今まで知らずにいた互いの想いに気付くことで、少しずつ関係を取り戻していきます。

最後はみんなで旅行をするんですが、私も家族の温かさが心に沁みて、目頭が熱くなっちゃいました(>_<)

 

 

一緒に暮らしていればイライラすることもあるし、ケンカもする。

だけど、そうして時間を共に出来る人が身近にいるっていうのは、すごく幸せなことなんですよね。

 

先日ラジオでも話しましたが、両親も祖父母も、一生自分の近くにいるわけじゃない。

だからこそ、私もみんなを大事にしようと思いました。

 

『解夏』同様、この作品も少し前に映画化されてるそうですよ~。

解夏(げげ) 単行本
created by Rinker

 

 

以上、さだまさしさんの小説レビューでした。

私は歌手としてのさださんしか知らなかったので、こんなに文才がおありだったのかとびっくりしてます。

 

4作ともちょっと切ないけど、優しい気持ちになれる作品。

今の季節にもぴったりなので、本格的な秋が来る前に是非どうぞ(*´ω`*)

 

 

安音でした、チャオ♪