安音です♪

 

今年、雨の季節になったら読みたいな~と思ってた小説がこちら。

市川拓司『いま、会いにゆきます』

↑市川拓司さんの『いま、会いにゆきます』

だいぶ前に映画化もされてるので、ご存知の方も多いんじゃないでしょうか。

 

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]
created by Rinker

私も映画の存在は前々から知ってました。

小学生の頃、家族と映画館に行った時に予告だけ観たことがあって。

 

病気で亡くなったお母さんが、雨の季節に家族のもとへ帰ってくる。

でも、彼女は生前の記憶を一切失くしていた。

しかも梅雨が終わったら、また消えていなくなってしまう。

 

本編も、結局今までサワリの部分しか観たことないんですが、なぜかものすごく印象に残ってた作品でした。

今は亡き竹内結子さんがヒロイン役なんですよね・・(:_;)

 

 

そしたら、図書館に行った時に原作本があるのを見つけて。

「そういえば雨の季節の話だったなぁ」と思って借りてきたわけです。

まさに今の時季、気分転換にちょうどいいんじゃないかと。

 

泣けましたね~(´;ω;`)泣ける作品だということは知ってたけども。

終盤の別れのシーンでやっぱりウルウルきちゃいました。

一応ティッシュは用意してたんですが、鼻の奥がジーンと痛くなるのを必死に堪えてて(苦笑)

 

しかも「澪(お母さん)は最後にまた消えてしまう」ということだけしか知らなかったので、その後に待ってた本当の真実にびっくりしたんです。

どうして彼女が記憶を失くしたのか。なぜ幽霊じゃなく、生身の人間の姿で現れたのか・・など、いろんな伏線が一気に回収されて、さらに感動。

 

 

家族も友達も、恋人も、自分にとって大切な人だということは分かる。

でも当人が生きてるうちは、一緒に過ごせることのありがたみに気付けないんですよね。

いなくなってから「もっとああしておけば良かった」と後悔するものなのかもしれない。

 

だからこそ、同じ時間を過ごせる今に感謝しなきゃいけないんだな、と思いました。

 

 

一つ心残りなのが、この本を読んだ時、東北はまだ梅雨入り前でカンカン照りだったんです(苦笑)

6月のはじめに借りたんですが、ちょっと急ぎすぎました。

なので、ちゃんと雨が降ってる日にもう一回読み直したい^^;

いま、会いにゆきます (小学館文庫)
created by Rinker



 

もう一冊、最近読んだばかりの本がこちらです。

江國香織『いつか記憶からこぼれおちるとしても』

↑江國香織さんの短編集『いつか記憶からこぼれおちるとしても』

短編なんですが、作品同士には繋がりがあって、全て同じ女子高が舞台になってます。

 

主人公は、その高校に通う思春期真っ最中の少女達。

子供と大人の中間という不安定な内面と、家族や人間関係など、日常の中で抱える葛藤をリアルに描いた物語です。

 

学生が主人公の小説はこれまでにも何冊か読みましたが、やっぱり懐かしくなりますね~(*´ω`*)

自分が昔抱えてた悩みとか、親に抱いてた気持ちがまざまざと蘇ってくるというか。

 

 

高校時代の私は全然目立つ生徒ではなかったし、友達もいなかったので一人で過ごすことが多かったです。

だから、あの時の同級生は私のことどのくらい覚えてるんだろうなぁ・・

名前すら忘れちゃってる人も間違いなくいるはず( ̄▽ ̄;)

 

そんな私も、クラスメイトの顔や名前って、ごく一部の人しか思い出せません。

そのくらい、当時のことは自分の記憶からまさに「こぼれおちて」しまってる状態。

 

 

この作品は短編とはいえ、ほとんどの物語が綺麗に完結しないまま終わります。

謎を残した状態で幕を閉じるので、「え?これ結局どういうことだったの?」と唖然としちゃったところもありました(苦笑)

 

ただそういったことも含めて、いつか思い出せなくなる時が来る、ということなのかなぁ・・と。

 

恐らく今こうして生きてる時の感情も、数年経てば忘れてしまうかもしれない。

だから一日の出来事も、そこで生まれるどんな感情も、噛み締めるように生きていかなきゃいけないんだと感じました。

 

 

あまり楽しいものではなかった私の学生時代も、こういう小説読むと「高校生って楽しそう」と思えてくる不思議^^;

また勉強したり、何かに打ち込んだりするのも悪くないかもしれないですね。

 

ちなみに、梅雨の話ではないんですが、この作品でも雨が特徴的な存在として描かれてます。

なので今の季節、読書の時間にはぴったりですよ~。

いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫)
created by Rinker

 

 

ということで、この梅雨に読んだ本を2冊ご紹介しました。

変わりやすい天気が続きますが、雨の日は無理せずひとり時間を満喫しちゃいましょう。

夏だし、今度はホラーにも挑戦したいな(笑)

 

安音でした、チャオ♪