安音です♪

 

プロフィールにも書いてますが、私は子供の頃、地元の市民劇団に入ってました。

ミュージカルでダンスをしているワンシーン

メンバーは主に小学生から高校生までの子供達。

講師にプロの先生をお招きして、ミュージカルや演劇・朗読劇といった舞台を創ってたんです。

 

今は少子化の影響で団員も減ってしまったんですが、一時期は60人近くの子供達が集まってました。

みんな学校も学年もバラバラで、ものすごい数の兄弟が一堂に会してるような雰囲気。

私も入りたての頃はまだ7歳だったので、中高生のお姉さん達に面倒を見てもらってたのを覚えてます^^;

 

その中に、Nちゃんという女の子がいたんです。



Nちゃんは私より3つ年上。マジメでしっかりした印象の人でした。

特に歌が上手くて、公演のオーディションでは毎回メインキャストに選ばれていたほど。

しかも美人だし、舞台で間違いなく映えるタイプです。

 

私と好きなミュージシャンが一緒で、よくレッスンの休憩中に二人で盛り上がったり、同じライブに参戦したこともありました。

高校を卒業してからは東京の短大に進学して、そのミュージシャンの自宅近くに住むほどの追っかけっぷり(笑)

 

 

それからのことは全部人づてに聞いた話ですが、地下アイドルやフリータレントとして活動したり、芸能界を目指してたみたいです。

Aから始まる某グループのオーディションに受かった、とも聞いたけど、本当かどうかはよく分かりません。

ネットニュースに彼女のグラビア写真が上がっていてびっくりしたことも。

 

でも結局長続きしなくて、3年前、久々に会った時は東京の会社でOLをやってると話してました。

ただ、芸能界を諦めたわけではなかったらしく、SNSで「お仕事募集してます♡」みたいな書き込みもしてたようで。

LINEのアイコンが水着姿だったこともあります。

 

まあ美人だし、歌も上手かったし、普通にアイドルにもなれそうだよなぁ、なんて軽く考えていた私。

 

花束を持った記念写真

3年前には、うちの劇団が創立20周年を迎えて、その記念公演に彼女も出演してくれました。

↑白いシャツを着て並んでる二人のうち、向かって右側が私・左側がNちゃん。

この時、私は初めて作詞込みで一曲書き下ろしたんですが、その曲を彼女も歌ってくれたんです。

 

終演後はNちゃん含め、出演者数名と一緒に打ち上げ。

カラオケでジョジョの主題歌を歌いながら盛り上がったなぁ(笑)

 

私が「その血の運命」とか「STAND PROUD」を濁声で熱唱する横で、ノリノリで合いの手を入れてくれて。

彼女も「残酷な天使のテーゼ」や「タッチ」などを歌ってました。

昔と同じ綺麗な声で、もう本家並みの上手さでしたよ。

 

 

それからしばらく疎遠になってたんですが、先週の4月2日、仕事帰りの母が神妙な面持ちで話しかけてきました。

「Nちゃんのこと聞いた?」と。

 

「え?何が?」

「・・亡くなったんだって」

 

 

 

いやいや嘘でしょ?最近あんまり連絡とってなかったけど、普通にこの間まで一緒に舞台やってたじゃん。

去年何かのミスコンで賞もらって、笑顔で記者会見してる写真もネットで見たよ。

 

違うでしょ?

一日遅れのエイプリルフールだって言ってよ。

 

まだ30になったばっかりだっていうのに。

美人でしっかり者で、小さい頃からお姉さんみたいに憧れてたのに。

Nちゃん。

 

雨上がりに架かる虹

どうして彼女が逝ってしまったのか、実はまだ詳しい話は聞けてないんです。

新聞のお悔やみ欄にも名前しか載ってなかったし、コロナでお通夜にも行けませんでした。

 

ただもし、事故とか病気じゃないんだとしたら。

あまり考えたくはないけど、もしそうだったとしたら・・と思うと、なんだかすごくやるせない気持ちになります。

 

もっと頻繁に連絡とっておくべきだったかな。

私は年下だけど、話を聞くくらいは出来たかもしれないのに、って。



ミュージカルの一場面

Nちゃんが子供の頃、うちの劇団に入ったきっかけは、同級生の女の子に誘われたからだそうです。

その頃の彼女は学校でいじめに遭ってて、ずっと不登校でした。

 

それが、演劇を始めたことで堂々と人前に出られるようになった。

学校にも行けるようになって、しまいには芸能界を目指すほどに。

 

私もアイドルに憧れたことはあったけれど、大変な世界だということは大人になるに連れて分かってきました。

Nちゃん自身も、これから辛いこともあると分かった上で、その世界に飛び込んで行ったんでしょう。

 

だから、ここで業界のことをとやかく言うつもりはないし、彼女が目指していた夢を否定するつもりもありません。

自分なりに頑張っていたんだから、充分素敵だと思います。

 

 

でもまあ、なんだかなぁ・・

 

「どうして彼女が」という気持ちでいっぱいです。

子供時代の辛い経験から立ち直って、容姿にも恵まれていて、可能性もある人だと思ってたのに。

 

ただすごく痛感したのは、「人って、こんなに突然いなくなるものなんだ」ということ。

 

LINEでの誕生祝いのメッセージ

私のLINEには、Nちゃんのアカウントがまだ残ってます。

↑誕生日にメッセージをくれたこともあって、「彼女がいた」という証拠が今も確かにある。

それなのに、もう会えない。なんのやり取りも出来ない。

 

本当に人って、いついなくなってもおかしくないんですね・・

 

 

彼女と過ごした時間が、どれほど幸せでかけがえのないものだったのか。

私も、今になってやっと分かったところです。

 

でもさ、Nちゃん。

身をもってそれを教えてくれたのかもしれないけど、いくらなんでも早すぎるよ。

その才能と頑張りを、もっともっと多くの人に見てもらいたかったけどな、私は。

 

だから、忘れないよ。

Nちゃんのことを忘れずにいることが、私に出来る精一杯の供養だと思ってるから。

周りの人達に感謝して、一日一日大事に生きていくから。

 

 

ありがとう。

とにかく、今はゆっくり休んで。

 

まだまだ先になるとは思うけど、いつかまた一緒に歌ったり踊ったりしようね。