東日本大震災から10年。

故郷を襲った黒い波は、多くの命と人々の生活、大切なものを奪っていきました。

 

東北の沿岸部で生まれ育った私は、当時高校2年生。

昼夜問わず鳴り響くサイレン。ロウソクの明かりを囲みながら、家族と不安な夜を過ごしたこと。

瓦礫が散乱する街で、電柱にぶら下がる遺体を目にしたことを今でも覚えています。

 

知り合いの中には、「助けて」と叫びながら波に呑まれていく友達の姿を見た人もいました。

10年間、行方が分からない家族の帰りを待ち続けている人も。

 

街が昔の姿に戻ることはないし、大切な人を失った悲しみも、決して消えることはないのかもしれません。

 

 

だけどあの日、そしてこの10年の間に、得られたものもたくさんある。

それまで当たり前だと思っていた価値観を見直したり、苦しかったからこそ気付けたこと・学んだこともあったはずです。

 

その一つ一つを忘れずに、これからの自分に活かしていく。

どれだけ時間がかかってもいいから、少しずつ前を向いて、出来ることをしていく。

そんな想いを込めて、今回の楽曲を作りました。

 

震災を直に経験した人も、被災地から遠い地域に住んでいる人も、自分の何かを見つめ直すきっかけになれば嬉しく思います。