安音です♪

 

そろそろ来年の手帳を使い始めた、という人もいらしゃるんじゃないでしょうか?

私も10月に、マークスのEDiT手帳(週間バーチカル)を買いました。

>>好きなものなら、キャラグッズも気にせず持っちゃおう、という話

 

マークスのEDit手帳のリフィルとピンクの手帳カバー

毎年カバーごと買い替えなくてもいいように、手帳はリフィルだけを購入。

↑カバーは密林さんで一目惚れしたこちらを注文してます。淡いピンクにムーミンのミイが描かれたデザイン♡



EDiT手帳を使ってみた

今までの手帳が廃盤に・・

そもそも、どうして今回これを選んだのかと言いますと。

高橋書店の2020年手帳『ジョルノ』バーチカルノートページ

↑今年使ってたのは高橋手帳のジョルノ』

バーチカルだけど目盛りや日ごとの区切りがないタイプで、自由度の高さに惹かれて購入しました。

予定はマンスリーのほうに書いて、このウィークリーページはその日したことや良かったことなど、ライフログを中心に記録してたんです。

 

で、来年もこれにしようかな~と思って公式さんのサイトを見たら、ラインナップにこの『ジョルノ』がない!(゚Д゚;)

なんと1年前に出たばかりのフォーマットなのに、早くも廃盤になることが決まったんだとか。

 

え~そんな、デイリー感覚で書けるから結構需要ありそうな気がするのに・・

『ジョルノ』って名前もめちゃくちゃ気に入ってたのに・・(←ジョジョラーです)

 

手帳アプリ「Lifebear」のカレンダー画面

ただこの一年の間に、私も手帳に書きたいことがいろいろ変わってきたんですよね。

↑今はスケジュールアプリの「Lifebear」も使ってるし、一日の流れも本当に最低限のことだけ書ければ充分かな、と。

 

あと、空き時間を把握出来るようにしたかったんです。「何時から何時までは空いてるから、この時間を使って何か出来ることないかな」と、予定を入れやすくしたくて。

そう考えた時に思い浮かんだのが、一般的なバーチカルタイプの手帳でした。

時間の管理をきっちりやる上では、やっぱりこのフォーマットがちょうど良さそう。

 

それに、来年はもっと一日を大事にしたいと思ってました。

やりたいことや叶えたいことを整理して、それに沿うように月ごと・週ごと・日ごとの過ごし方を考えていく。

それらを楽しく書き込むためのスペースも欲しい。

 

マークスのEDiT手帳のリフィル

↑・・ということで選んだのが、このEDiT手帳だったわけです。

レイアウトとか付録とか、一番自分の希望に合いそうだったのでこれにしました。

冒頭で書いたようにカバーとは別に注文したので、こんな真っ白い表紙のリフィルだけが届いてます^^;

 

180度開くマークスのEDit手帳

↑嬉しかったのは、どのページも180度しっかり開いてくれること。

見やすいし書きやすいし、細かい字でいろいろ書き込む私にとってはすごく助かる!

 

サイズはA5判(210×148mm )で厚さは約1cm。今までの『ジョルノ』とほとんど変わりません。

イヤープラン

マークスのEDit手帳の年間カレンダー

↑表紙をめくると、最初のほうには年間カレンダーがついてます。体調の記録や習慣トラッカーなどに使えるページですね。

私は創作活動の進捗なんかを書いていく予定です。来年はバリバリ曲を作るつもりなので( ̄▽ ̄)

 

マークスのEDit手帳のイヤープランページ

↑そして次のページには、今年やりたいこと・月間イベントなどを記録するイヤープランのコーナーが。

結構広いスペースなので、一年のテーマや目標をしっかり書き込めます。

私みたいに何か目標を決めても、すぐ忘れてしまうタイプの人にはぴったりかもしれません(笑)

 

↑ちなみに一昨日Twitterにアップしたんですが、月間イベントの欄には占い師のしいたけ.さんによる月ごとの運勢をメモしておきました。

実は結構占いをチェックすることが多いんです^^;その月のオーラカラーで枠を囲んでます。

マンスリーページ

マークスのEDiT手帳のマンスリーページ

↑マンスリーはこんな感じ。月の満ち欠けや六曜も載ってました。

月曜始まりなんですが、隣にその週のTo Doを書き込めるスペースがあったり、余白も結構多めにとられてますね。

私も「今週これをやれたらいいな」ということをメモしたり、月末には下のほうに振り返りを書いていくつもりです。

 

そして、ある意味購入の決め手になったと言っていいのがこちら。

マークスのEDiT手帳のマンスリーページ

↑カレンダーの次のページに、月ごとのテーマやプランニングリスト・買ったものを書き込めるスペースがあるんです。

右側には読んだ(読みたい)本・行った(行きたい)場所・もらったものなど、自分の好きなテーマで一ヶ月の記録が出来る欄もついてます。

 

マークスのEDiT手帳のマンスリーページ

↑早速私も書いてみました。ブログでも公開してる今月のテーマや過ごし方・タスク・やりたいことなどなど。

今まではアプリのほうにメモしてたんですが、自分の手で書き起こしてみると、なんだかそれだけで充実した毎日になりそうな気がします(*^^*)

ウィークリーページ

さて、肝心のウィークリーです。

マークスのEDiT手帳のウィークリーページ

↑バーチカルタイプなので、朝5時台から22時台まで目盛りがついてます。

余白も多いしいろんな使い方が出来そうですね。

 

マークスのEDiT手帳のウィークリーページ

↑私はこんな感じで書き始めました。その日の予定の他に、やりたいことや良かったこと・一日の反省点や気付き・作った夕食のメニューなど。

余った部分はマステで埋めたり、シールを貼ったりしちゃえば見た目も華やかになって楽しいです(*^^)v

 

バーチカルにはまだ慣れてないし、今も試行錯誤しながら書いてる状態なんですが、なんとか最後まで続けていけたらいいなと思ってます。

サラッとして書きやすい紙質なのも嬉しいポイント♪

一年を充実させるお供として

↑ちなみに、先日Twitterに来年のウィッシュリストをちょっとだけ投稿しました。これもEDiT手帳のメモページに書いてます。

「叶いそうな気がする!」というワクワク感を味わうために、「〇〇する」ではなく「〇〇出来た」「〇〇した」と全部完了形で。

 

今はスマホでなんでも出来ちゃうし、私もアプリに頼ってる部分はたくさんあるけど、手書きならではの味というか、楽しさみたいなものもあると思うんですよね。

手を使ってその日のことを記録したり、これからのことを考えたりすると、充実感がもっと膨らむ気がするんです。

 

なので、この手帳も大事に使っていこうと思ってます。

モチベーションを下げないために、ちょくちょくTwitterにも写真を上げるようにしていこうかな( ̄▽ ̄;)

マークス 手帳 2021 スケジュール帳 ダイアリー EDiT 週間バーチカル 2020年12月始まり A5正寸 リフィル
created by Rinker

 

最後に、私が手帳を書く時参考にしてるのが、さとうめぐみさんの『たった一行ですべてが叶う手帳の魔法』という本。

ただ単に予定を管理するだけじゃなく、手帳を使って夢を叶えたり、毎日を楽しくする方法が紹介されたものです。

気になる方はこちらも是非チェックしてみてくださいね~(*´ω`*)

安音でした、チャオ♪