安音です♪

 

先々週の14日、奇しくも私の誕生日だったんですが、『岸辺露伴は動かない』のドラマ化が発表されましたね。

荒木飛呂彦先生が描く短編で、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部のスピンオフ作品。

 

脚本が『ジョジョ』のアニメも手掛けた小林靖子さん、さらに主役(原作では“語り部”)の露伴先生を演じるのが高橋一生さんということで、秘かに期待してる方もいるんじゃないでしょうか。

しかもNHKですよ。それなりにお金と手間かけて作ってくるはず。

 

 

・・なんですが、私は正直観ようかどうかちょっと迷ってるんです。勇気がなくて( ̄▽ ̄;)

以前公開された4部の映画も観てません。
(中の人的な意味でももうアレなのかな・・?←超小声)

 

やっぱりこう、お気に入りのマンガが実写化!ってなるとソワソワしちゃうんですよね(苦笑)

「D.N.A」とかすごく好きな作品だし、気にはなってるんですが、もう少し考えてから決めようと思ってます^^;

とはいえ、年末を荒木作品と一緒に過ごせるのは楽しそう。

 

ジャンプコミックス『ジョジョリオン』24巻

さて、ここからが本題なんですが、先日『ジョジョリオン』24巻が発売になりました!

↑カバーは杜王町の地図に、これまでのストーリーで登場した様々なモチーフが散りばめられたデザイン。

個人的に康穂ちゃんの表情がなんか色っぽくて好きです(*´ω`*)

 

高々と拳を掲げる定助の背後には、この巻で実はとんでもない野郎だったことが判明する透龍くん。

全体的にポップだけれど、どこか不穏な空気も漂ってる感じがしますね。

タイトルのピンク×ブルーも荒木先生らしくていい☆



作者コメント

今年2020年に生まれた赤ちゃんは、西暦2100年の時にちょうど80歳になるという話。

そっか~、普通に22世紀を生きる人達がこの先出て来るのか・・

もっともっと先の話かと思ってたけど、あと80年ちょっとなんだなぁ。

 

ドラえもんが2112年誕生ですから、あの世界を見れる人達がいる。そう考えるとなんか不思議な気がします。

そして、その頃の世界はどんな状況になってるのか。「新ロカカカ」や岩人間みたいなのが当たり前に存在してたりするのか?

今の世の中からすると私も怖い世界を想像しちゃうけど、少しでも希望を感じられる時代になってるといいですね。



各話感想(未読の方はネタバレ注意)

#095 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛)その⑫

前回TG大学病院の院長・明負悟のスタンド攻撃により、所在が明らかとなった「新ロカカカ」

この果実さえあれば、これまでのように家族の誰かを犠牲にすることなく、つるぎちゃんの病気を治せる。東方家の繁栄にも繋がる。

常敏のそんな目論みが、憲助さんをはじめ、ついに東方家全員に知られることになりました。

 

確かにね・・彼の必死さもすごく分かるんです、本当に。

一人の命を救うたびに、誰かの命を差し出さなきゃいけない。「宿命」として受け容れるにはあまりにも荷が重すぎる。

やっぱり大事な家族なんだから、みんな無事であって欲しいですよね。

 

ただ常敏の場合は、自分の邪魔をする人間の命を奪ってきたわけです。桜二郎もマコリンも殺しちゃったし。

東方家の「呪い」が解けるなら、定助や康穂ちゃんも含め、妨害するヤツらを排除しても構わない、という考え方。

でもいくら家族のためとはいえ、それは決して「正しい道」とは言えないでしょう常敏。「毎日が夏休み」どころか、幸せからどんどん遠ざかってるよ・・

 

全てを知られた彼は、涙ながらに「スピード・キング」で憲助さんを加熱し、ダウンさせてしまうのでした。

これが83話のあの描写に繋がるのか~(・_・;)

後々のセリフから察するとまだ辛うじて生きてるみたいですが、どうなっていくのやら・・

#096 動かないしかない

ここで、物語は久し振りに豆銑さんサイドへ。

 

院長の攻撃によって無実の罪を着せられ、留置場に収監されていた豆銑さん。

ところが、相部屋の男を上手く利用して脱出に成功!再び定助のいるTG大学病院に向かいます。

 

彼は自分達に見えている黒スーツ姿の院長が、本体ではなくスタンドであることを実感しました。

院長に近づこうとすると、何らかの「厄災」が襲ってくる。

自分のそれまでの行動が、院長のスタンドエネルギーとなって降りかかってくる。そんな「因果応報」の能力。

 

本当に強敵だなぁと思うのと同時に、震災や今のコロナ禍とも重ね合わせて、ちょっと深くも感じちゃいましたね。

 

 

人間がどう頑張っても太刀打ち出来ない「禍い」。

それは先人達が犯してきた罪に対する「罰」なのかもしれないし、乗り越えるべき「試練」として用意されたものなのかもしれない。

どうにもならないことだとしたら、ただ黙って今の状況を耐えるしかないのか。それとも何か術を持って立ち向かっていくべきなのか。

 

なんだか私達にも同じことが問いかけられてるように思います。すごくタイムリーですね・・

#097 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛)その⑭

場面は再び東方邸に戻ります。

刻々と悪化していくつるぎちゃんの病状。そして、尚も彼らを襲ってくる院長のスタンド。

「近くにいるはずの『本体』を叩く」と徹底抗戦の構えを見せた常敏でしたが、「厄災」のエネルギーを抑えることは出来ず、なんと彼まで攻撃を受けてダウン!

 

そんな彼らの様子を物陰から眺めていたのは、自称康穂ちゃんの元カノ・透龍くんでした。

愛しの彼女まで大変な目に遭ってるというのに、助けるどころかiPodで呑気にエルヴィス・プレスリーの「The Wonder of You」を聴いてます。

 

しかも彼、病院で院長を待ち受けている定助の動きを察してるっぽい。

抑揚のない目つきに、掴みどころのない言動。不審すぎてイマイチ判別出来なかったけど、これでハッキリしました。

この人敵だわ(-_-;)そしてスタンド使い。

 

・・ということは、透龍くん=院長と考えてしまっていいのか?

あるいは5部のディアボロ&ドッピオみたいに、院長の別人格的な何かなのか、もしくはその逆か?

いずれにせよ、ラスボス級に重要ポジションであることはほぼほぼ間違いなさそうです。これ、康穂ちゃんが知ったら相当ショックですよ(汗)

 

病院と関わりがある以上、恐らく彼も岩人間のはず。

ひょっとすると見た目以上に長く生きてる可能性もありますよね。

 

この謎に関しては、巻末予告を見る限り25巻で明らかになってくれるものと期待しましょう^^;

うわ~めちゃくちゃ気になる!

#098 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛)その⑮

常敏によって「ペイズリー・パーク」をコントロール出来なくなり、窮地に陥った康穂ちゃん。

上記の通り、信じていたはずの透龍くんは彼女を助けず、常敏が持っていた「新ロカカカ」の果実を取りに向かおうとします。

密葉さんからも見捨てられて、右腕もなくなっちゃって、このところまさに厄災続き(汗)

 

そんな彼女の前にようやく現れた助け舟は、なんと常秀でした!

「新ロカカカ」の鉢植えを持ってることから、恐らく重傷を負った常敏の姿も目にしたはず。それでも彼はお兄さんより、康穂ちゃんを助けることを選んだみたいです。

一連の出来事に動揺しつつも、涙ながらに彼女を安心させる常秀。

 

初めて彼にグッと来たかもしれないなぁ・・

康穂ちゃんにとっていいか悪いかは別として(苦笑)、彼女も少しときめいたような表情見せてるし。

 

 

一方で、TG大学病院の実験室では再び定助と豆銑さんが合流。

彼らを追って院長のスタンドも姿を現し、ついに戦いのスタートです。

 

今巻のサブタイにもある通り、定助は実験室の椅子から動かずに院長を倒そうとしてます。

椅子から立ち上がったり動いたりしてしまえば、たちまち何らかの「厄災」が襲ってくるはず。

でも、自分には『しゃぼん玉』があるし、豆銑さんや康穂ちゃんという味方もいる。院長を倒せる方法もきっとある、と。

 

いや~カッコいいですね。ホリーさんに助けられてから傷が治った(左目は見えてないけど)どころか、精神的な図太さまで増し増しになった気がする(笑)

 

元からこの世に存在していなかった定助。

4巻では「自分の家族はきっとどこにもいない」と、一人涙を滲ませていた場面もありました。

でも今は違う。仲間と自分に託された能力を信じて、目の前の「厄災」に立ち向かおうとしてるわけです。

 

 

まだまだ壁は高そうだけど、きっと乗り越えられるはず。

現実のコロナだって、今は事態が収まるのを待つしかないけど、安心して暮らせる時が必ず来る。

そう思いながら、次の25巻を楽しみに待つとしましょう。さっきも書いたけど、予告が本当に気になるなぁ~(>_<)

ジョジョリオン 24 (ジャンプコミックス)
created by Rinker

安音でした、チャオ♪