安音です♪

 

先日、こちらの本を図書館で借りて読みました。

赤川次郎『健ちゃんの贈り物』

『三毛猫ホームズ』シリーズの作者・赤川次郎さんの短編集『健ちゃんの贈り物』です。

なんとなく児童文学が読みたくて、たまたま目に留まったこの本を選んだんですが、予想外にのめり込んじゃいました。

 

10ページ前後の短いお話が15作収録されてます。

内容自体もすごく読みやすいし、あっと言う間に最後のページに辿り着いちゃって。

 

てっきりみんな子供向けの話かと思ってたんですが、大人の世界を描いた作品がほとんど。

なので、幅広い年代の方におすすめです。

 

 

表題作の「健ちゃんの贈り物」は、友達の優しさに心が温かくなる作品。

かと思えば、「アパートの貴婦人」のようにゾクッとするお話もあったりして、この一冊だけでいろんな感情が自分の中に湧き上がってきます。

 

中でも個人的に印象に残ったのが「長い長い、かくれんぼ」というお話。

 

 

ある日突然パパに誘われて、建設途中のビルでかくれんぼをしていた幼い女の子。

ところがその最中に、誤ってビルの地下室に閉じ込められてしまうんです。

 

いくら呼んでもパパは助けに来てくれなくて、捨てられてしまったのかと思いきや、実は・・というお話。

 

まさかの結末にちょっと唖然としましたね(;´・ω・)

なんともありがたいような切ないような、不思議な気持ちになりました。

 

 

どの作品にもそれぞれ違った面白さがあって、最後まで飽きることなく楽しめます。

小説に挑戦してみたいけど、あんまり難しいのはちょっと・・という方にもぴったりですよ^^

健ちゃんの贈り物―赤川次郎ショートショートシリーズ〈2〉
created by Rinker

 

読書がもっと楽しくなるアイテム

お気に入りのブックカバーと共に

ところで、図書館の本って汚さないように気を付けなきゃいけないですよね。

だから私は、読む時にブックカバーをつけるようにしてます。

 

カレンダーで作ったブックカバー

↑大好きなムーミン谷のみんなが描かれているカバー(*´ω`*)

以前のブログでも紹介したことがあるんですが、もともとはこれ、カレンダーだったんです。

 

カレンダーで作ったブックカバー

↑その証拠に、裏側はこんな感じになってます。

どうせ使うのは自分だけだし、細かいところまでは気にしない(苦笑)

 

使い終わった後、捨てるのがもったいなくて、気に入った絵柄をセレクトして作ってみたら、自分でもびっくりするくらい素敵に生まれ変わりました。

新書用、文庫本用・・とサイズもいろいろあって、我ながらすごく可愛い出来栄え♡

 

手作りのブックカバーを入れたファイル

↑使わない時はB5のバインダーにファイリングして、本と一緒に棚にしまってます。

ここからその時の気分に合わせて、好きなカバーを選んでいくのがまた楽しいんです。

 

 

捨てられない切り抜きや、お気に入りの画像がある方は是非お試しください(^^♪

 

詳しい作り方はこちらの記事でご紹介してます。

>>【雑記】手作りブックカバーで一日読書

オリジナルのしおりを作ってみた

そして昨日、久し振りに工作板とカッターを出して、しおり作りに挑戦してみました。

 

クリアファイルとステッカーで作った本のしおり

↑いらないクリアファイルを切り取って作ったものです。

マステやお気に入りのステッカーを貼れば、オリジナルのしおりが完成!

 

作り方はこちらの記事を参考にさせていただいてます。

>>クリアファイルで作る便利なしおり

 

 

デコレーションのセンスは皆無なので、あんまり見映えはよろしくないですが・・( ̄▽ ̄;)

 

ちなみに、貼ってるステッカーは吉川晃司さんのライブグッズです。

これで読書する時もテンション上がりそう(笑)

 

本のしおりに貼り付けられた付箋

↑ついでに、両面テープで付箋もくっ付けてみました。

 

私は本を読む時、よく気になったページに付箋を貼るんですが、その時すぐ取り出せるように。

今までは本やしおりと一緒に、付箋も持ち運ばなきゃいけなかったので、それに比べたら圧倒的に楽(*^^*)

 

付箋を貼り付けたしおりを挟んだ本

↑使う時は、ステッカーを貼った部分を本の一番後ろに挟んで、付箋をくっ付けたピラピラの部分を最初のページに持ってきます。

 

このままめくっていくと、ピラピラが自動的に新しいページをマークしてくれるんです。

いちいち挟み直す必要もないし、ズレ落ちることもないのですごく便利!

 

カードを挟み込んだマンガの単行本

↑ちなみに、マンガを読む時はこの白いカードをしおり代わりに挟んでます。

『ジョジョリオン』の主人公・定助ですね☆

 

知人からもらったグッズで、最初はちょっと使い道に困ってたんですが・・(苦笑)

マンガ用のしおりがあるといいかなと思って、こんなふうに使ってみることにしました。

ギリギリ単行本に収まるサイズなので。

 

ブックカバーを付けた本と手作りのしおり

お気に入りをたくさん詰め込んだブックカバーとしおり。

ちょっと手をかけて自分で作ってみると、愛着も湧くし見ているだけでもウキウキしてくるはず。

 

気分が上がるアイテムと一緒に、あなたも日々の時間を楽しく演出してみてはいかがでしょうか。

 

安音でした、チャオ♪