安音です♪

 

8月も残り少なくなってきました。

今年は梅雨明けが遅かったせいか、あるいはコロナで自粛していたからか、やけに早い夏だった気がしますね。

 

近所の小学校も今月8日から夏休みが始まって、先週末が始業式。

この暑さの中、子供達も親御さんも先生方も本当にお疲れ様です(>_<)

いつになく短いお休み、みんな少しでも思い出が出来てたらいいなぁ。



小学生の頃楽しみだった宿題

夏休みといえば、小学生の頃っていろんな宿題がありましたよね。

ドリルや絵日記に始まり、工作、自由研究、作文・・

 

面倒に感じてた人も多いと思うんですが、私はどちらかというと夏休みの宿題、結構積極的にやりたがるほうだったんです。

国語や算数のドリルは早々に片付けてしまって、あとはそれ以外の自由課題に時間をかけてました^^;

①図画・ポスター

まずは絵やポスター関係。

海の環境保護とか土砂災害防止のポスターとか、いろいろ募集してましたよね。

それらを毎年何枚も描いてました。茶の間のテーブルに新聞紙を広げて、画用紙と絵の具を出して。

 

海沿いに広がる街並み

港町に住んでるので、母と一緒に海や船を写生しに行ったこともあります。

作品は全部処分してしまって、今はもう残ってないんですが^^;

 

一度だけマンガを描いたこともあったなぁ。未来の自分がアイドルとして活躍してるイタ~イ妄想マンガを・・( ̄▽ ̄;)

当時アイドルになるのが夢だったんです。それをマンガの中で叶えてみたくて、小さめのノートを全部使って鉛筆で描きました。

こちらも今は処分してます。恥ずかしすぎてもう見せられないし、自分でも見ていられなくなったので(苦笑)

②工作

貝殻を埋め込んだフォトフレーム

工作も楽しかったですね。↑フォトフレームの枠に紙粘土を貼り付けて、貝殻を埋め込んだ写真立てなんかを作りました。

あとは宝石箱みたいな見た目の貯金箱とか。お金の他にネックレスがしまえる作りになってたんです。

 

とはいえ、一人で全部のアイデアを考えられるわけじゃなかったので、これも半分くらい母に手伝ってもらった記憶があります。

だから今思うと、私より母の負担が大きかったんじゃ・・という気がしないでもない(苦笑)

③作文・読書感想文

あと、やりたがらない人が多い作文も私は好きでした。

宿題に役だつ作文の書き方 (学習まんがドラえもん宿題解決シリーズ)
created by Rinker

当時、家に『ドラえもんの学習シリーズ』みたいな、作文の書き方を紹介してくれるマンガがあったんです。

原稿用紙に書く作文以外にも、「新聞の作り方」とか「本の帯の書き方」とか、いろんな場面で使える文章テクニックが載っててすごく面白くて。

だから「自分もこれ書いてみたい!」と、指示されてない課題も含めていろいろチャレンジしました。

 

敬遠されがちな読書感想文もほぼ毎年書いてたし、夏休みの思い出を新聞にしたり。

小6の時はB5のバインダーに作品をひとまとめにして、「作文集」として提出。

先生もびっくりしていて、返却された時に「感動したよ!」という内容のメモが挟まってたのを覚えてます^^;



周りからの評価より自分の情熱

これらの宿題、いろんなコンクールに回されることもあったんですが、大して高い評価はもらえませんでした。

確かに絵は雑だったし、もっと素敵な作品を創ってくる人は他にも大勢いたし。

 

じゃあなんのためにやってたかと言うと、ただ自分が好きなことをしてただけだと思うんですよね。

 

 

今でもそうなんですが、私は文章や絵で自分を表現したり、ものを創ることが大好きでした。

とりわけ芸術系の分野ではものすごいやる気を出すタイプだったんです。

 

賞をもらったり、大勢の人の目に留まることはなくても、ただ自分が楽しいからやっていた。

「どんなふうに評価されるか」といったことは一切考えてなくて、純粋に好きだから取り組んでいた。

 

ここまで情熱をかけて何かを頑張ったことって、最近あったかな・・?

 

内向的な自分のイラスト

いつの間にか周りの反応を気にしたり、失敗を怖がるようになって、自分から挑戦することを避けていたような気がします。

大人になると、どうしても実力や評価で判断されることが多いし、認めてくれる人がいないと自信を失くしちゃったりもしますよね。

 

だけど「好き」という気持ちで起こした行動は、やっぱり楽しい。

たとえ周りから褒めてもらえなくても、お金がもらえるわけじゃなくても、夢中になって何かをやってる時間はすごく幸せ。

 

あの頃と同じ気持ちで、面白いことにたくさん挑戦していきたい。

他人から何を言われても、「やりたい」という自分の気持ちを大事にしたい。

 

昔の夏休みを思い出すたび、そんなふうに感じます(*´ω`*)

 

 

コロナ生活でストレスが溜まってる人も多いと思いますが、目の前の一日をどんなものにするかは自分自身が決めること。

悔いのないように、自分の時間を楽しいものにしていきましょうね!

 

安音でした、チャオ♪