安音です♪

ヨガのポーズをとっているイラスト

今年の春頃から、私は家でヨガを始めました。

コロナで散歩にも行きづらくなって、身体を動かす機会が一気に減ってしまったんですよね。

 

ただでさえ座ってる時間が長いんだし、これ以上運動不足になると体重も健康面も心配(汗)

せめて、家で出来る簡単なことだけでもしておきたいなぁ・・と思ったのがきっかけです。



家ヨガを始めた経緯

以前は筋トレも頑張ったけど・・

ヨガの前にも、ダイエット目的でいろんな宅トレを試したことはありました。筋トレとかエクササイズとか。

でももともと運動が苦手だったので、キツさに耐え切れず挫折(-_-;)

スクワットをしているイラスト
▲以前やってた「ラテラルスクワット」

あと、筋トレって地味な動きをひたすら繰り返すことが多いじゃないですか。

そういうのが私はどうも苦手みたいなんです。運動に限らず、同じ単純作業をずーっとやってるとすぐ飽きちゃう。

 

頑張ってた頃は確かに筋力もついたし、脚も引き締まったな~と自分で実感出来たんですが、この先もずっとやり続けたいとは思えませんでした。

そもそも私はアスリートじゃないし、身軽に動ける程度に鍛えておけば充分なんじゃ・・?という気持ちも出てきたので( ̄▽ ̄;)

マイペースでゆったり出来るものがいい

私がどのくらい運動オンチかというと、まず学校の体育でやるスポーツはほとんど出来ません。球技・陸上・水泳・跳び箱・マット運動、全部ダメ。

だから子供の頃は、体育の授業そのものが憂鬱で仕方なかったです。

最初の準備体操の時間だけでしたね、楽だったのは^^;

 

運動会もマラソン大会も毎年休みたいと思ってたし、球技大会も恐怖でしかありませんでした。

やったことないけど、格闘技なんてもう想像しただけで怖すぎます。相手と向き合った瞬間にダッシュで逃げるはず。

 

ミュージカルでダンスをしているワンシーン

↑唯一得意だったのは、町の児童劇団に入っていた頃に習ったダンスだけでした。
(画像ブレブレですみません。オレンジにショーパンの衣装が私です)

 

稽古で毎回柔軟をやるので、身体も多少柔らかかったですし。

ただ、これもやってる間はすごくしんどいんです。ヒップホップを踊った後なんか、1曲だけでも汗ダラダラの息切れ切れ。

 

上手く出来ないと先生の怒号が飛んでくるし、それがまた怖くて。

だから今思うと、「好き」というより必死だったのかもしれません(苦笑)

 

 

そんな調子なので、あんまり大勢の人の中に混じってやる運動は自分に合わない。

かといって、ジムに通ったりするほど本格的に鍛えたいわけでもない。

そこで最終的に選んだのがヨガだったわけです。

身体を内側からケア出来る!

ヨガのポーズをとっているイラスト

ヨガはYouTubeの動画を観ながら、身体の気になる部分をケア出来るプログラムを選びます。

肩こりが酷い時は肩甲骨をほぐすポーズ、便秘気味の時は腸を活性化させるデトックスヨガ、というふうに。

その日の体調を見て、自分で内容を決めることが多いです。

 

実際に、お腹周りを捻って内臓機能を高めるヨガをやったら、びっくりするくらいお通じが良くなったこともありました(*^^)v

いきなり体力がつく運動ではないけれど、そうやって自分を内側から整えることが出来ます。

 

 

何より、自分のペースで無理なくやれるのが嬉しいですね。

一つ一つの動きもシンプルなので、音楽と一緒にリラックスしながら出来るし、終わった後は身体の強張りもスッキリ。

このくらいのゆる~い雰囲気で出来る運動が、一番自分に合ってる気がします。

 

だから今年の春以降ずっと続けてこれたし、すっかり習慣になっちゃいました♪

最近は日曜日の朝、家族がまだ起きてない時間帯に朝ヨガをするのが至福の一時。



自分が楽しいことが何より大事

庭先に咲く薄紫の紫陽花

ちなみにその他にやってるのは、たびたびブログで写真をアップしている散歩

あとはラジオ体操と、朝晩の簡単なストレッチです。

大体天気のいい日は外を歩いて、そうじゃない日は家で体操やヨガをやるというのがいつものパターン。

 

▼▼▼関連記事▼▼▼

朝晩の簡単ストレッチ♪身体の調子を整えて運動不足とさようなら

 

あるいはスーパーへ買い物に行った時、お店の入り口からちょっと遠くに車を停めて、なるべくたくさん歩くようにするとか。

膝の曲げ伸ばしをしながらお風呂掃除をしてみるとか^^;

そんなふうに、自分が楽しくて、尚且つ気晴らしに繋がるものを毎日の運動として取り入れてます。

 

 

痩せたいからといってジムに通い始めても、楽しいと思えなかったら結局ストレスが溜まるだけ。

「鍛えなきゃ」「痩せなきゃ」という義務感よりも、それをやっている時間を好きになれるかどうかが一番のモチベーションになるんじゃないでしょうか。

 

コロナ禍でも、出来る範囲でゆったり気分転換しながら元気をキープしたいですね!

 

安音でした、チャオ♪