安音です♪

 

先日、母が「おやつに食べていいよ~」とこちらのお菓子を買ってきました。

ヤマザキの焼きチョコスフレとホットミルク

↑ヤマザキの「焼きチョコスフレ」。チョコクリームをココア風味のスフレ生地でサンドしたものです。

美味しかった・・口に入れたら生地がもうふわっふわで♡

クリームにはほんの少しチョコチップが入ってるんですが、それがまたいいアクセントになってました。母ありがとう~(*´ω`*)



おやつの楽しみを倍増させる方法

お昼を少なめにする

カロリーや糖質は確かに気になるけど、スイーツって美味しいし癒されますよね。

なので、私はそれを無理して削ることはしません。間食を控えても、それがストレスになると後々食べ過ぎちゃうので^^;

 

ただ、上のようなちょっと大きめのお菓子が食べたい時、私はお昼ご飯の主食を減らす、と自分でルールを決めています。

野菜とシーフードの麻婆丼

「今日のおやつはこれを食べる!」というものがあったら、そのお菓子の大きさに合わせてご飯の量を調節。

あるいは完全に抜いてしまって、おかずだけにすることもあります。

↑上は野菜とシーフードの麻婆丼なんですが、この後食べるおやつのことを考えて、ご飯をかなり減らしました。完全に具に埋もれちゃって見えないですね(苦笑)

 

「間食基準で考える」と言うと、あんまり聞こえが良くないかもしれませんが・・( ̄▽ ̄;)

でも、自分の好きなものは極力削りたくないし、楽しい時間を用意してあげることも必要かな、と思うんです。

 

ちょっとお昼を控えめにした後のおやつタイムは、ワクワク感も格別。

待ちに待ったご褒美を口にする時間は本当に幸せだし、ただなんとなく食べる時より、美味しさもアップする気がします♪

アイスは夏日の時だけ

もちろんご飯を食べずに、お菓子の量だけを増やしちゃうのはNG。

私もお菓子は適当につまむんじゃなくて、自分が本当に食べたいものを少しだけ選ぶようにしています。

健康面と自分の好み・両方をバランス良く考えていけたらいいな、と。

 

ハーゲンダッツ・マカデミアナッツ

そして、気温の高い今はアイスも美味しい季節ですよね。

↑この間もハーゲンダッツを食べました。マカデミアナッツが香ばしくて、一口一口噛みしめながら堪能( *´艸`)

 

アイスを食べる時も、他のお菓子と同じようにお昼を調整します。

ハーゲンダッツの場合は1カップ100gだから、お昼のご飯は50gちょっとにしようかな、とか。

 

さらに私は冷え性なので、身体を冷やさないようにアイスは気温25℃以上の日だけ、と決めてるんです。

それより低い時は、極力冷たいものを控えるようにしています。飲み物もホットか常温。

こうすると暑い日もワクワクしながら乗り切れるんですよね。「今日はアイスが食べられる!」という楽しみが出来るので(笑)

食べたいお菓子がない時は・・

ちなみに、好きなお菓子が手元にない場合は普通にご飯を食べます。外食などで食べ過ぎた日も間食はしません。

もしその後で小腹が空いたら、ミックスナッツとかヨーグルトとか、お菓子じゃないものを選ぶ。

きな粉と牛乳のかき氷

それか、時間がある時は自分でおやつを作るようにしてます。↑去年の夏もきな粉の牛乳かき氷を作ったりしました(*^^)

お金をかけずに、自分で好きなものを用意してみるのも楽しいもんです。今年はアイスも手作りしてみようかな、と思ってます。

 

 

というわけで、お菓子を食べたい時のマイルールについて紹介してきました。

蒸し暑くて不安定な天気が続くこの季節は、食べ過ぎや食あたりにも気を付けなきゃいけないですね(>_<)

自分の身体は自分でしっかり気遣って、元気に夏を乗り切りましょう!

 

安音でした、チャオ♪

 

▼▼▼こちらもチェック!▼▼▼

ダイエットでも我慢はしない!心と身体を満たせるお菓子の選び方