安音です♪

 

私は普段家にいる時間が長いので、母が仕事でいない時は代わりに家事をしています。

食材や日用品の買い出しに行ったり、用足しを済ませたり。

 

そして一番大事な役割が、毎日の夕食を作ること。

オニオンバターチキンライスとキャベツのコールスロー

大学時代に一人暮らしを経験したので、自炊にはなんの抵抗もありません。

料理に没頭してると他のことは気にせずにいられるし、気分転換にもなるんですよね(*^^*)

 

ただ毎回頭を悩ませたり、個人的に一番気力を消耗するのも夕飯作り。

一人で生活する分には何を食べてもいいけど、他の家族もいるので食材もたくさん使うし、それぞれの好みに合わせなきゃいけなくて。



料理は好き。でも得意とは言えない

一度に何品も作れない

私は複数のことを同時進行でやるのがすごく苦手なんです。

だから、夕飯のおかずは頑張っても2品までしか用意出来ません。

ハンバーグライスと水菜のサラダ

↑例えば、ある日の夕飯はハンバーグライスに水菜と油揚げのサラダ。

これに、母が朝のうちに作っていた味噌汁が加わります。

1時間頑張ってこれが限界です。面倒なのでハンバーグは成形してないし、サラダも盛り付けずに食べたい分だけ自分で取り分けるバイキング形式^^;

 

だから、よくSNSで一汁三菜きっちり用意してる人を見ると、「自分にはこんなこと出来ないなぁ・・」と思ってしまって。

もともと家族みんな小食なので、たくさんおかずを用意する必要はないんですが、「主婦の人達ってどうして短時間であそこまで出来るんだろう?」と気になってました。

凝ったものを作れない

メカジキのソテーとホウレン草のおひたし

↑またある時は、メカジキとシイタケのソテーにホウレン草のおひたし。

決して見た目は華やかじゃないし、おひたしは茹でるのではなくて、メカジキを焼いてる間にレンチンして作ったもの(苦笑)

彩りも意識してなければ、ただ食材を焼くだけ・レンジで温めるだけの地味な工程です。

 

キャベツやミックスベジタブルを添えたトンカツと味噌汁

↑逆に、母は短い時間で凝った料理を作れる人。仕事が休みだったこの日のメニューはトンカツでした。

私は揚げ物を滅多に作らないんです。衣を付けるのが面倒だし、油で周りが汚れるのが嫌で(汗)

だから、唐揚げやカツ・天ぷらなどは母が休みの日しか食卓に並びません。もしくはスーパーのお惣菜を買う。

 

他の家族がどう思っているかは分からないけど、やっぱり母の夕飯が食べられる日は安心感も全然違います。

ボリュームもあるし、味付けも身体に染み込んでるし、何より心の底から「美味しい」と思える。

 

それと同時に、「母には敵わないな。私はまだ母の代わりにはなれないな・・」と感じてしまうんです。

料理経験豊富な母と自分を比べても仕方ないことは分かってるけど、どうしてもそう思っちゃうんですよね(-_-;)


他人じゃなく、自分の基準に合わせる

だからもう、食事を作る時は見た目やSNSを意識しないと決めました。

出来ることは人それぞれ違うんだから、周りと比べずに自分のレベルに合ったものを作っていこうと。

 

一度にたくさんの品数を用意出来なくても、一品にじっくり手をかければそれでいい。

シンプルで簡単すぎるレシピでもいいから、自分の力量を超えることはしない。

彩りが地味でも、自分や家族が美味しく食べられればそれでいい。どうせお店のメニューにするわけでもないんだし。

 

そうやって、もっと楽な気持ちで料理と向き合っていけたらいいなと思ってます。

何をするにしてもそうですが、周りを気にしすぎて自分に無理をさせないようにしたい。

 

喜んでいる人に嫉妬する女性のイラスト

出来る人・すごい人を見るとやっぱり影響されるし、「それに比べたら自分は・・」という気持ちになりますよね(>_<)

ましてネット社会の今は、検索をかけるといろんなタイプの人が次々目に飛び込んでくる。

 

でも、他人が出来て自分に出来ないことはあって当たり前だし、その逆もまた当たり前。

無理して出来ないことをやろうとしなくてもいいし、周りと同じ価値観を自分に求める必要もない。

 

 

なので私もSNS映えはしないだろうけど、シンプルで美味しいご飯を作っていくつもりです^^;

肩肘張らず見栄も張らず、今の自分に出来ることを出来る範囲でやっていきましょう。

 

安音でした、チャオ♪