安音です♪

 

先日、スーパーへ買い物に行こうとした時のこと。

玄関で靴を履いて立ち上がったら、肩に掛けていたバッグが急に軽くなって、中身がドサッと落ちる音がしました。

 

あれ?と思って見てみると・・

根革が取れたショルダーバッグ

↑ベルトとバッグを繋いでいた根革が、この通りブチッと切れてしまったんです。

あぁ~一つしか持ってない大事なミニバッグなのにーー!(汗)

 

黒いストライプ柄のミニバッグ

↑白と黒のストライプ柄で、長財布や500mlサイズのペットボトルもすっぽり入るバッグ。

しかも去年の夏に買ったばかりで、まだ一年ちょっとしか経ってません。

 

まあ安いものだったし仕方ないとは思うんですが、こんなに早く傷んでしまうとは・・

それとも何か、自分の身代わりになってくれたとか、そういう感じなのかな?だといいんですけど。

 

▼▼▼関連記事▼▼▼

部屋に現れる謎の粉・・使い込んだショルダーバッグを買い替えました



どうする?壊れたバッグの応急処置

「どうにかして直す」か「捨てる」か

さて、どうしましょう・・

 

ハンドバッグにもなるので、肩掛け用のベルトを外して使えばいい話だけど、買い物する時は手が塞がっちゃうから、やっぱり肩に掛けられるほうが楽なんですよね。

他のバッグを使おうにも、あとはトートバッグとか大きいサイズのものばっかりで、これの代わりになってくれそうなものがないんです。

 

修理に出したほうがいいのかな?でもお金かかるし、ブランド物じゃないので直してもらえるかが分からない。

というか、田舎だからそういったお店自体がまず見当たらない(汗)

 

このまま使えないとしたら、選択肢として残ってるのは「捨てる」という道です。

いやでも、それはもったいなさすぎる。まだ全然使い倒してないし、壊れたからといってそのままポイしちゃうのは、あまりにもこのバッグに対して申し訳なさすぎる・・(;´Д`)

雑だけど、自分で復活させてみた

しばらく考えた末、私は小中学生の頃に使っていた裁縫セットを取り出しました。

そう、出来るかどうかは分からないけど、自分で直しちゃうことにしたんです。

手縫いでバッグの壊れた根革を修理

↑ちぎれた部分を何重にも縫い合わせて、バッグの裏側からも糸を通して結び付けます。

裁縫なんてボタン付けぐらいしかマトモに出来ないし、ミシンの使い方も知りません。だからとんでもなく適当です(←ココ重要)

また壊れる可能性もあるけど、とりあえずの応急処置。このまま捨てることになるほうが私にとってはよっぽど困ります。

 

そうして革の硬さと闘いながら、適当に縫い続けること1時間。

 

根革を自分で修理したショルダーバッグ

↑なんとなんと、奇跡的に復活!!\(^o^)/

もう一度ベルトを通して肩に掛けることが出来るようになりました。良かったーー!

壊れた根革を自分で縫い直したショルダーバッグ

↑繰り返しますが、縫い目も何もあったもんじゃないです。バッグと根革の部分を、取れないようにいろんな方向からグルグルーっと縫い合わせただけ。

近くで見たら雑すぎる仕上がりだし、強度も微妙だけど、別にバッグを人に見せびらかすような機会もないですしね。

 

それに、「仕方ないから捨てる」という選択肢を回避出来たことが何より嬉しかったです。

おかげで昨日も買い物の時に活躍してくれました。やっぱりこのバッグじゃないと困るなぁ・・^^;

これからもまだまだ一緒に頑張ってもらおうと思ってます。



壊れても、使えるうちは直して使う

どうやっても修復出来なかったら仕方ないですが、ほんの少し壊れたからといって、すぐ捨ててしまうのはもったいない気がしますよね。

その前に、なんとかしてもう一度使えるように出来ないか、自分で復活させる方法を考えるのも大事だな、と今回気付きました。

 

お店やプロに頼んだほうが、そりゃ綺麗に仕上がるでしょうけど、お金をかけずに自分で直してみると、モノに対してさらに愛着が湧く気がするんです。

バッグにしろなんにしろ、ボロボロになるまで使ってあげたほうがモノも喜ぶし、いざ捨てる時も心置きなく捨てられると思います。

 

自分のお気に入りは、最後の最後まで大事にしてあげたいですね(*´ω`*)

 

安音でした、チャオ♪