安音です♪

 

前向きで温かい気持ちになれる小説が読みたいな~と思って、先日図書館に行った時、この本をレンタルしてきました。

石田衣良さんの『約束』という作品。

石田衣良『約束』

全部で8つ(うち1作は文庫化にあたっての書き下ろし)の物語が収められた作品集です。

突然友達が亡くなったり、大事な家族が病に倒れたり、どれも人生に絶望した人々が、再び前に進む姿を描いた物語になっています。



何があっても、人間必ず立ち直れる

「約束」あらすじ

個人的に一番印象深かったのは、やっぱり表題作の「約束」。

この本の一番最初に収録されてる作品です。主人公は表紙に描かれてる小学生の男の子・土井汗多(カンタ)。

 

ある日の下校途中、カンタは通り魔事件に巻き込まれて、唯一の親友・葉治(ヨウジ)を目の前で失ってしまいます。

ショック症状を起こしたカンタは、全てのことに対して心を閉ざし、自傷行為を繰り返すようになって・・というストーリー。

 

いきなりシビアな展開だなぁと思いながら読んだんですが、著者の石田さんによると、2001年6月に起きた附属池田小学校事件を受けて書かれたお話なんだとか。

私は当時のことをあまり覚えてないんですが、被害を受けた児童の多くが私と同い年なので、とても他人事には感じられません。

毎日無事に過ごせるだけでも幸せ

春の青空

コロナで混乱してる今の世の中を見てても思うけれど、明日の自分がどうなるかなんて、本当に分からないんですよね。

 

のんびり散歩をしてる時に車が突っ込んでくるかもしれないし、身体のどこかが異常を起こして、突然意識がなくなってしまうかもしれない。

自分だけじゃなく、周りの人や家族だって、明日も自分の近くにいてくれるとは限らない。

 

そう考えたら、会社の上司が嫌だとか、貯金がもうないとか、そんなことが急にどうでもよくなってくる気がするんです。

毎朝ちゃんと起きられて、美味しいご飯を食べられて、外の光や空気を感じられて、たった一人でも自分の気持ちを話せる人がいる。

そういった当たり前の時間が一番大切で、感謝しなきゃいけないことなんだって。

よく分からないけど、生きてるってそんなに悪くない

溜め息をついている女性のイラスト

「生きていればいいことある」って、人によっては簡単に信じられる言葉じゃないと思います。

辛い時は尚更そうだし、私も同じでした。

嫌な経験をするたびに、「なんで自分がこんな目に遭うの」「これからどうしたらいいの」と何回思ったことか・・

 

そして今でも、時々そんな気持ちが頭を過ることがあります。

「自分ってなんのために生きてるんだろう」と。

 

お金もないし友達もいない。特別な才能もない。

自分が生きてる意味って一体なんなんだろう?この先どうやって生きていったらいいんだろう・・?

 

 

でも改めて思うのは、「人生がなんなのかはやっぱり分からないけど、そう悪いものでもない」ということ。

コーヒーが入ったマグカップとクッキー

先程書いたように、一日を何事もなく過ごせただけでも、人は十分幸せ。

私だって、普段何をしているわけでもないけど、ただコーヒーを飲んだりするだけで「なんかいいなぁ」と感じることがあります。

だから、簡単に諦めていいものじゃないんだな、って。

 

時にはどん底に突き落とされたり、傷つくこともある。

でも、必ず這い上がれる力も人間にはちゃんと備わってると思うんです。

友達を亡くし、生きる意味を見失った「約束」の主人公カンタも、最後は希望を取り戻してもう一度前に進みます。

 

 

どれだけ時間がかかっても、生きているならいつかはきっと上手くいく。

私自身もまだ迷いの中にいるけれど、そう信じていたい。

 

目の前にちゃんと時間がある限り、自分の身体を大事にして、日々の幸せに感謝しながら過ごしたいですね。

今日も明日も明後日も、きっとなんとかなるでしょう(*´ω`*)

安音でした、チャオ♪