安音です♪

 

ピーク時に比べたら、コロナの影響は少しずつ落ち着いてきてるのかな・・と思う今日このごろ。

でも、まだまだ油断は出来ないですね。

宮城でも緊急事態宣言は解除されてるんですが、以前のような生活に戻るには長い時間がかかりそうです。

 

そんな中、活動を再開し始めているお店や施設もちらほら。

私も先日、しばらく振りに図書館へ行ってきました。4月からずっと休館してたんですが、ようやく通常通り貸出が出来るようになったみたいで。

不要不急・・かもしれないけど、やっぱり家で息抜きをする時間も欲しいし、お金使わなくて済むし(>_<)

 

館内でもウイルス対策が徹底されてて、落ち着くような空気ではなかったけれど、ともかく久々に行けて嬉しかったです♡



今こそ見直したい、身近な人との繋がり

何借りようかな~と思ったんですが、今年の5月は母の日ならぬ「母の月」ということで、家族についての本にしようかなと。

ブラブラして、気になったものを手に取ってきました。

山崎敏子『がんばれば、幸せになれるよ』

山崎敏子『がんばれば、幸せになれるよ』

まずはこちら。

病院のベッドの上で、ピースサインと共に向けられた笑顔。小児ガンを患い、9歳で亡くなった山崎直也くんという男の子です。

この本は直也くんのお母さん・敏子さんによる手記。闘病生活の様子と、その間に彼が残した言葉の数々を鮮明に記録しています。

 

いたずら好きで元気いっぱい、そして家族想いの性格だった直也くん。しかし5歳の時に「ユーイング肉腫」という極めて稀な小児ガンを発病しました。

手術によって腫瘍は取り除かれたものの、その後5度に渡って再発。本人だけでなく家族も、苦しみと不安でいっぱいの毎日を送ることになります。

 

それでも直也くんは生きることを諦めず、何度も危篤状態から持ち直すほど強い生命力を見せたことも。

そして家族に心配をかけないように、決して弱音を吐かず、前向きな言葉をたくさん贈り続けました。

自分が辛い時でも、周りの人のことを考える姿勢が本当に素晴らしい。だからこそ度重なる危機も乗り越えられたんじゃないかと思います。

 

 

直也くんは1992年(平成4年)3月生まれということで、生きていたら今の私とほとんど歳が変わらないんですよね(私は93年10月生まれ)

それで親近感が湧くのと同時に、なんとも言えないしんみりした気持ちになって。

「私はこうしてのほほんと生きていられてるけど、それは本当にありがたいことなんだな」と痛感させられました。

 

なんとなく生きていると、明日が来ることも当たり前に思ってしまうもの。

でも今日を生かされていることに感謝して、家族や周りの人達を大切にしなきゃ、と改めて感じています。

鮑十『さくらんぼ 母ときた道』

鮑十『さくらんぼ 母ときた道』

そしてもう一冊は、中国の脚本家・鮑十(パオ・シー)さんの作品。

こちらも最初手記かと思ったんですが、作者が脚本を手掛けた同名の映画のノベライズだったんですね(2008年公開)

 

舞台は中国・雲南省の小さな農村。

表紙の女の子・紅紅(ホンホン)は1980年代、生まれて間もなく山の中に捨てられていたところを、この村に住む女性・桜桃(インタウ)に拾われます。

紆余曲折あった末、彼女は夫の葛望(グォワン)と共に、親としてホンホンを育てることに。

 

インタウは重度の知的障がい者で、言葉を話すことも出来ず、村の子供達にいつもからかわれていました。

ホンホンは順調に成長していきますが、母親のインタウが障がいを持っているために友達が出来ず、次第に彼女はインタウに苛立ちを感じ始めます。

貧しい生活の中、何度も困難に直面する家族。でも、インタウはホンホンに絶えず深い愛情を注ぎ続けて・・というお話。

 

 

内容は結構重かったです。周囲の人からおかしな目で見られるインタウと、そんな彼女を気にして遠ざけていくホンホン。そのすれ違いが辛くて・・

正直「家族愛に感動する」というよりはずっと胸が痛かったですね(T_T)

ラストも「えぇ~っ・・」ていう感じで終わるので、あんまり救いも感じられずちょっと動揺しちゃいました(汗)

 

とはいえ、たとえどんな境遇に置かれていても、愛せる人や自分を愛してくれる人がいるのはすごく幸せなこと。

私は両親の愛情をしっかり受けて育つことが出来たけれど、それは本当に恵まれたことだったんだと、主人公家族を見ていて思いました。

だから、その感謝の気持ちも今のうちに伝えておかなきゃいけないんだな、って。

 

世の中にはいろんなタイプの人がいますよね。同じ家族の中でさえ、価値観や考え方がバラバラだったりする。

まして中国ともなると民族間の違いもあるし、地域によって貧富の差も大きい。

それらをちゃんと受け容れて、理解してあげること。その優しさが、自分自身の幸せにも繋がっていくんじゃないかと思います。

 

この自粛期間、私も身近な人達のありがたみをたくさん感じました。

自分だけじゃ出来ないことも、傍にいてくれる人が一人でもいれば乗り越えられる。

特に家族は普段当たり前のように一緒にいるけれど、その時間をもっと大切にしながら過ごそうと思っています。

 

仕事や学校のこと、生活のこと、お金のこと。

まだ先が見えなくて不安かもしれませんが、周りと優しく助け合いながら前に進みたいですね^^

 

安音でした、チャオ♪

 

▼▼▼こちらもチェック!▼▼▼

【母の日】一緒にいられる喜びと感謝を、手作りお菓子に込めて