安音です♪

 

先日、音楽制作をしている人形劇サークルの練習で、お菓子をたくさんいただいたというエピソードをご紹介しました。

>>誰かに幸せにしてもらったら、今度は自分が誰かを幸せにする

 

そのお返しを、昨日早速準備してまして^^;

毎回ご馳走してもらってばかりいるので、こちらからも何かプレゼントしなきゃな~と思ったんですよね。

なので、手作りお菓子は手作りお菓子で返すことに。

 

といっても、不器用な私が作れるのって本当に簡単なものしかないので、混ぜて焼くだけのスコーンにしました。

あんまり凝ったもの作ると絶対何かやらかすし、恐らく一番作り慣れてるお菓子だし・・(味は置いといて)

これからの季節、お花見やピクニックの持ち寄りにもぴったりですね♪



スコーンを手作りしよう!

一応、私も失敗しないようにクックパッドなどでレシピは調べるんですが、スコーンの作り方って人によってかなりバラつきがあります。

バターを入れるのか入れないのか、小麦粉で作るかホケミ(ホットケーキミックス)で作るか・・

多分正解はあってないようなものだと思うので、なるべく材料少なめで手軽に作れるのがベストかと。

用意するもの

8個分

  • 米粉・・・200g
  • 重曹またはベーキングパウダー・・・小さじ1
  • 砂糖・・・大さじ3
  • オリーブオイル・・・大さじ2~3
  • 牛乳・・・50ml~
  • 刻んだチョコなど・・・お好みで

 

基本は小麦粉とかホケミを使うんですが、米粉が余ってたのでそれを使っちゃいました。だからちょっとだけヘルシーです(*^^)v

あと、今回は牛乳の代わりにコーヒー液を使ってます。賞味期限切れそうなブレンディのカフェラテがあったので、お湯で溶いて投入。

作り方

①生地を作る

米粉と砂糖、オリーブオイルを混ぜているボウル

まずはオーブンを200度に予熱しておきます。

その間、ボウルに米粉と重曹・砂糖・オリーブオイルを入れてよく混ぜ合わせましょう。

スコーンの生地を混ぜているボウル

次に牛乳(今回はカフェラテ)を少しずつ加えて、手でひと塊になるまで捏ねていきます。

まとまりが悪ければ牛乳を小さじ1杯くらいずつ追加。

スコーンの生地を混ぜているボウル

もし入れる場合は、ここでチョコやドライフルーツなどお好みの具材を混ぜても◎。

今回は余りもののチョコを刻んで加えてチャンクスコーンにしてみました。なんとなくプレーンより、チョコ入ってるほうが喜ばれそうな気がして(笑)

②切り分けてオーブンへ

生地がまとまったら、厚さ2cm・直径15cmくらいの円形に整えます。

几帳面な人は麺棒で綺麗に伸ばしたりするんでしょうが、私は面倒なので全部手で。

焼く前のチャンクスコーンの生地

それを包丁で適当な大きさにカット。今回は8等分しました。

オーブンの予熱が完了したら、クッキングシートを敷いた天板に生地を並べて、15分~20分、焼き色がつくまで焼きます。

もっと簡単に済ませたい場合は、オーブントースターで5分・途中からアルミホイルを被せて10分程度焼けば出来るみたいです。

③完成!

~15分後~

カフェラテ入りチョコチャンクスコーン

焼けましたー!

上手い具合にヒビが入ってて、焼けた米粉とチョコの香ばしい香り♡

このまま粗熱をとって、チョコが固まるまで一旦冷蔵庫へ。

ラッピングしたチャンクスコーン

食べやすいように、今回はラップに包んで持って行きました。

味のほうが心配だったけれど、皆さん美味しい美味しいと食べてくださって一安心(^▽^;)

案の定、チョコ入りで一層喜んでもらえたし(笑)無事にお返しすることが出来て嬉しかったです。

箱に入った手作りの胡桃ゆべし

↑そしたら、胡桃ゆべしを作ってきた方もいて。

ゆべしって漢字で書くと「柚餅子」だけど、東北のゆべしは柚子が入ってなくて、醤油と砂糖で味付けしたお菓子なんですよ。

食べる手が止まらなくてつい何個も口に運んじゃいました(笑)1時間ぐらいかけて蒸したらしく、めちゃくちゃ美味しかったです♡

 

というわけで、日頃の感謝の気持ちをプレゼントしつつ、楽しく人形劇の準備を進めることが出来たのでした。

人のために何かをして喜んでもらえると、やっぱり嬉しいですよね。お菓子でもなんでも、相手への気配りが自然に出来る人はすごく素敵です。

私もこれから周りの人を大切にして、幸せをたくさん届けたいと思います(*´ω`*)

 

安音でした、チャオ♪

 

▼▼▼こちらもチェック!▼▼▼

自家製カッテージチーズで作れる簡単チーズケーキ(ジャガイモ入り)