安音です♪

 

この間スーパーで買い物をしてきたんですが、なんとなく、普段あまり行かないお店に行ってみたんです。

そしたらちょうど火曜日だったせいか、安く売られてる野菜や魚がいっぱいあって。

 

人参やキノコがいつもの半額に近いお値段で買えちゃったので、一人でテンション上がってました。

 

青森県産の土ゴボウ

↑中でも嬉しかったのが、この土ゴボウ。

 

100gあたり77円で大きいのが手に入りました。

ゴボウは冬の旬野菜だし、今の季節にピッタリですね。

 

ということで後日、他の根菜と合わせてキーマカレーにしてみることに。



根菜キーマカレーを作ろう!

用意するもの

約10人分

  • ご飯・・・茶碗10杯分
  • ゴボウ・・・長め1本(50cmくらい)
  • 豚挽肉・・・500g
  • 玉ネギ・・・中2個
  • 人参・・・1本
  • おろしニンニク、おろし生姜・・・各大さじ1/2
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • カレー粉、ケチャップ・・・各大さじ5
  • 水、ベジブロス・・・合わせて700ml
  • 塩、コショウ・・・適量
  • パセリのみじん切り・・・お好みで

 

ゴボウが結構長いので、それに合わせた分量で作りました。

レンコンを加えたりしても美味しそう。

 

 

そして今回のカレーもベジブロスを使ってます。野菜の皮も大事に。

この日は玉ネギの皮とニンニクの皮・人参のヘタを煮込んでだしをとりました。

 

ベジブロスの調理方法はこちらの記事に載せてます。

>>【雑記】野菜の皮まで無駄なく煮込む「ベジブロスカレー」

作り方

①野菜をみじん切りにする

まず、ゴボウはよく洗って汚れを落とします。

洗いゴボウっていうのもあるけど、土付きのほうが栄養価が高くて美味しいんですよね。

 

そしたら皮ごと斜め薄切りにして、水を入れたボウルの中へ。

水に浸してアク抜きをしているゴボウ

3分程浸してアク抜きしたら、水気を切ってみじん切りにします。

 

玉ネギ・人参も全部みじん切りにしましょう。

人参もゴボウと同じく、皮付きのまま使うのがベスト。

その場合は切る前に、表面をよく洗ってくださいね。

 

みじん切りにした玉ネギと人参

人数が多いとこれが結構大変なんですが、まあ多少粗くなっても大丈夫かと^^;

私も途中からは面倒になって、かなりザクザクと切りました(苦笑)

②具材を炒める

野菜の準備が出来たら、フライパンにオリーブオイルを中火で熱して、ニンニク・生姜・挽肉・野菜を炒めていきます。

 

キーマカレーの具材を炒めているフライパン

↑豚肉に火が通って野菜がしんなりしたら、カレー粉を入れてさらに炒めましょう。

クミンとかターメリックだとか、カタカナ多めの調味料ならより本場っぽくなりそうだけど、ここはシンプルに。

 

そもそもスパイスってあんまり家に置かないんですよね。

置いても使う頻度は低そうなので。

③スープを入れて煮詰める

キーマカレーを煮込んでいるフライパン

カレー粉が具材によく絡んだら、水とベジブロス・ケチャップを加えて弱火で4~5分煮ます。

 

ケチャップの何割かをウスターソースにしても◎。

さらに麺つゆを混ぜるとちょっと和風の味付けに。

 

塩コショウで味を調えて、ご飯と一緒に器に盛ったら完成です。

あ、別になくてもいいですが、ご飯にパセリを振るとオシャレ。

茹で卵を添えたりしてもいいですね。

 

根菜のキーマカレー

出来ましたー!

 

キーマカレー、実はほとんど家で作ったことなかったんです。

いつもルウを入れて作るオーソドックスなものばっかりだったので。

 

でも今回はカレー粉でしっかり味付けして、野菜の栄養たっぷりの一品になりました。

 

 

何より、材料を安く買えたのがすごく嬉しかったですね。それにも感謝!

根菜が美味しい冬に、あなたも是非お試しください(*´ω`*)

 

安音でした、チャオ♪