安音です♪

 

私事ですが、今月はイベント続きでちょっと忙しくなりそうなんです。

音楽のお手伝いをしている人形劇サークルに、公演の依頼が相次いでおりまして。

 

▼▼▼関連記事▼▼▼

いつでも自分の好きなものを追っていたい。知人が教えてくれたこと

ラジオの読み聞かせ番組でBGMを演奏してきた話

 

子供達やその親御さん・あるいはお年寄りを対象にすることが多いので、よく保育所や老人ホームなどに呼ばれます。

来週末も隣町のイベントに出演することになってて、準備や練習でバタバタの一ヶ月になりそう^^;


優しさでいっぱい。家族のような人間関係

あったかい気持ちが集まる場所

このサークルの活動日は隔週木曜日の午前中なんですが、公演やラジオの準備で夜に集まることもあります。

その時は、サークルの代表を務めている知人宅の離れを練習場所にしているんです。

 

今の本宅が出来てからはずっと空き家だったんですが、壊さずに趣味の活動場所にしたり、お客さんを泊めたりして使っているんだそう。

職場の人ともここで飲み会した、なんてことを話してました(笑)

老朽化した家のイラスト

ただこれが結構古い家なんですね。外観も中も老朽化が進んでて、玄関を開けるとすぐ居間に入る造り。

襖は歪んでてしっかり閉まらないし、トイレは洋式だけどボットン便所。

私も初めてお邪魔した時は、正直「古いなー・・」とちょっと引いちゃいました(苦笑)

 

でも不思議なもんで、今は自分の家かと思うくらい、すっかり居心地のいい場所になってます。

毎週のように通って慣れてきたせいもあるかもしれないんですが、それよりもメンバーの皆さんと過ごすのが楽しいからです。

「また会いたい」と思わせる心配り

先日小道具を作るために、朝からこの家に集まって作業をしていました。

私も皆さんに混じって慣れない縫い物に挑戦。人形劇なので小道具も布で作ることが多いんです。

裁縫はボタン付けしかまともにやったことなかったのに、気が付いたら夢中でチクチクしてました(笑)

パック詰めされたハンバーグ弁当

そしたらお昼が近づいた時、メンバーの一人が人数分のお弁当を買ってきてくださって。

本当にありがたかったです。マヨネーズソースが乗ったあんかけハンバーグ弁当、美味しかった~♡

 

↑左のカップに入ってるお茶は、行くと必ず淹れてくれるものなんですよ。

コーヒーやジュースも常備されてるし、台所も出入り自由なので、いつでもお湯を沸かしてあったかいものが飲めます。

栃木県産のイチゴ「スカイベリー」

お菓子や食べ物の差し入れも毎回のようにあって、この日は巨大なイチゴをいただきました。

栃木県産の「スカイベリー」という品種。その大きさとスイーツみたいな甘さにびっくり!

 

こんな感じで、みんなで飲んだり食べたりしながら、和やかムードで準備を進めます。

練習中も笑いが絶えないし、その時間が本当に楽しくて。

「ずっとこの場所にいたいな」って思えるんです。

 

練習が夜遅くに終わった時も、「今日も来てくれてありがとうね」「気を付けて帰ってね~」と必ず言われます。

そんなあったかい人達ばっかりだから、私も顔を出すのが毎週楽しみなんですよね。

自分が嬉しいことを、他の誰かにもしてあげる

正直なところ、私はあんまり気配りが得意なほうではなくて(汗)

相手と仲良くしたい気持ちはあるけど、人見知りが強いせいですぐ遠慮しちゃうんですよ。

だから人に何かをあげることは少ないし、褒めたり励ましたりすることも恥ずかしくてなかなか出来ません・・

 

でもこのサークルに入ってから、いつも「してもらう側」にいるだけじゃダメなんだな、と気付きました。

大人なら、人が喜ぶことを自分から進んでやっていこうって。

 

「ありがとう」「お疲れ様」と、感謝やねぎらいの気持ちを言葉にして伝える。

誰かが困っていたら力になってあげたり、幸せな時間・嬉しいものをプレゼントしてみる。

そうやって自分だけじゃなく、相手のことを想って行動出来る人はやっぱり素敵だし、信頼関係にも恵まれています。

 

特に私みたいに内向的なタイプの人は、始めはちょっと勇気がいるかもしれません。

でも自分がされて嬉しいことは、相手にとっても嬉しいことだと思うんですよね。

お互いが優しい気持ちで繋がれば、会うたびにいつも心地良く思えるし、本当の家族のような関係でいられるはずです。

 

だから私も少しずつ、誰かが笑顔になれることをやっていきたいと思います。

周りの環境を、思いやりと感謝の気持ちでいっぱいにしていけたらいいですね!

 

安音でした、チャオ♪

 

▼▼▼こちらもチェック!▼▼▼

誰かを喜ばせると自分も幸せになれる。思いやりの大切さを教わった話