安音です♪

 

最近料理をする時にハマってるのがベジブロス作り

根菜の皮とか種とか、野菜くずからダシをとったスープのことです。

 

私も最近知ったんですが、野菜って、実は皮のほうに栄養が詰まってるらしいんですよね。

だから、すぐ生ゴミとして捨てちゃうのはもったいないんだそうです。大事な栄養も一緒に捨てることになっちゃうので。

果物や魚もそうですが、皮ごと(あるいは骨ごと)食べたほうが身体にはいい、と。

 

「野菜の皮はちょっと・・」って抵抗を感じる人もいると思うんですが、そんな方にこそベジブロスはおすすめ。



野菜くずからスープを作ろう!

ザルに入った野菜くず

作り方はすごく簡単です。

まず、普段なら三角コーナー行きになる野菜くずをストックしておきます。ホウレン草や小松菜の根本とか、カボチャの種なんかもOK。

あんまり少なすぎてもダシがとれないので、最低でも両手に収まるくらいの量を用意しておきましょう。

 

表面は汚れてるし、農薬がついてることもあるので、最初にザッと水洗い

小鍋に入った野菜くず

そうしたら鍋に入れて、被るくらいの水と、お酒を一回し分加えて火にかけます。

分量は適当で大丈夫です。とりあえず水を入れて、ちょっとお酒を加えれば◎。

グツグツグツ・・と20分ぐらい煮込んだ後、野菜くずを取り出してみると・・

野菜くずからダシをとったスープ

↑こんなふうに、野菜の旨味と香りが漂うスープが出来上がってるんです~♪

写真だと鍋肌が黒くて分かりにくいですが、色は黄金色。

 

これがベジブロスです。栄養豊富で、調理の仕方次第ではコンソメの代わりにもなります。

タッパーに入れておけば2~3日は冷蔵庫で保存可能。冷凍するとさらに1ヶ月はもちますよ。



ベジブロスからカレーを作ってみた

先日はこのベジブロスを使って、冬野菜のカレーを作ってみました!

用意するもの

カットした大根とホウレン草・玉ネギ・豚こま切れ肉のパック

今回の材料はこちら。

12皿分

  • 大根・・・200~300g
  • 玉ネギ・・・中2個
  • ホウレン草・・・1束
  • 豚こま切れ肉・・・300g
  • バーモントカレー中辛・・・1箱
  • ベジブロス、水・・・合わせて1200mlくらい
  • 磨りおろしニンニク・・・1かけ分
  • 牛乳・・・おたま1~2杯くらい
  • ご飯・・・好きなだけ

 

具材はなんでもいいです。オーソドックスにジャガイモや人参を入れてもいいし、お肉も牛でも鶏でも全然問題なし。

隠し味もお好みで構いません。ハチミツを入れたりするのもいいですね。

作り方

ホウレン草は耐熱ボウルに入れてラップをし、600Wのレンジで3分火を通したら、水に浸してアク抜き(もちろんお湯で茹でてもOK)

その後、水気を切って食べやすい大きさに切ります。

他の野菜や大きめのお肉も、全部好みの大きさにカット。今回大根はいちょう切りにしました。

 

で、これと同時進行でベジブロスを用意します。

玉ネギや大根の皮、ホウレン草の根本、全部鍋に入れて煮込んでおきましょう。

大根と豚肉・玉ネギを炒めている鍋

下準備が出来たら、ベジブロスとは別の鍋を用意して具材を炒めていきます。

ちなみに今回油は使ってません。最初に豚肉を炒めて、その油で野菜も炒めちゃいました(笑)

あ、ホウレン草は一番最後に加えるので、まだとっておいてくださいね。

カレーの材料を煮込んでいる鍋

玉ネギがしんなりしたら一度火を止めて、出来上がったベジブロスを投入。足りない分は水を足して調整します。

あとはフタをして、大根が柔らかくなるまで煮るだけ。

カレーを煮込んでいる鍋

火が通ったらルウとホウレン草を入れて、とろみがつくまで煮込みましょう。

お好みでニンニクの磨りおろしや牛乳を加えても◎。

大根とホウレン草のカレー

そして、温かいご飯と一緒に器に盛れば完成!!

我ながら美味しく出来ました。普通に水で作ったカレーと比べても全然違和感ないですね。

身体にもいいし、野菜を無駄なく使うことが出来るので、この先もカレーを作る時はこのやり方でいこうと思います。

 

季節の食材を満喫しながら、栄養補給も出来ちゃうカレー、是非とも参考にしていただけたら嬉しいです(*^^*)

 

安音でした、チャオ♪

 

▼▼▼こちらもチェック!▼▼▼

たまに「定番」から外れるとワクワクする。旬の食材を使った秋カレー