安音です♪

 

先日こちらの本を読みました。

デンマーク出身の心理療法士イルセ・サンの『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』

イルセ・サン『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』

私も最近やっと分かったんですが、世の中には2つのタイプの人間がいる、と。

一つはいろんな人と積極的に関わろうとする外交的な人

もう一つはその逆で、人との関わりを苦手とする内向的な人

 

さらに、感受性が強い敏感な人(HSP:Highly Sensitive Person)というパターンもあります。

他の人が気にしないような光や音・匂いなどを不快に感じたり、繊細で争いごとが苦手なタイプ。

著者のイルセも自身のことを「内向的なHSP」だと語っています。

 

そして私も、THE 内向型人間

この本の最初に、自分が内向的か外交的かを診断するテストがついてるんですが、やってみたら完全に当てはまりました。

イルセ・サン『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』内向度/外交度診断テスト結果

↑大方予想はついてましたけどね。やっぱりか~という感じです。

イルセ・サン『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』敏感度診断テスト結果

↑敏感度のほうも調べてみたら、こちらも中間から高度の間という結果に・・

匂いや音はそれほど気にならないけど、殺伐とした環境が苦手だったり、映画やドラマの暴力シーンが怖くて観れなかったりします。

 

で、今の学校や社会の中で評価されるのって、外交的な人達なんですよね。

明るくて元気で人脈も広い。そんな人のほうが、内向的な人達より良しとされる傾向がある。

 

だから私も子供の頃、学校が嫌で仕方なかったし、大人になってからも仕事が出来なくて、社会と関わるのが怖くなっちゃったんです。



内向的で人が怖かった私の体験談

人の反応を気にして、自分を出せなかった

私は臆病で傷つきやすい性格だったので、「人に嫌われたらどうしよう」という不安をいつも感じていました。

 

誰かと話そうとしても、こんなことを言ったら変だと思われるんじゃないか?とか。

こういうことをしてみたいけど、周りから笑われたり反対されるんじゃないか?とか。

他人の反応を気にして、自分を表に出すことが出来なかったんです。

女の子同士のいじめのイラスト

だから今でもそうなんですが、私は人付き合いが大の苦手。

口数が少なくていつも隅っこにいるような人間だったので、学校でも友達が出来なかったし、いじめられたこともあります。

>>いじめのトラウマで人間不信になった私が、今ネットで自分を出す理由

 

 

社会人になってからも、仕事中は常に「人が怖い」という不安でいっぱい。

他人に見られながら仕事をするのが苦痛・・という人いますよね。私もそんな感じでした。

 

自分の行動が誰かに評価される・見られてると思うと、それがすごくストレスだったんです。「怒られないようにしなきゃ」いうプレッシャーで。

そのせいで仕事も上手くいかなくなって、結局2年で会社を辞めちゃいました。

>>退職&ブログの運営開始から1年。今思うことをまとめてみました

 

肩を寄せ合う二人の女性

自分だって本当は、人と気兼ねなく話したり遊んだりしてみたい。

でも相手の存在が気になるあまり、自分の気持ちを上手く表現出来なくて、人とどう関わったらいいのか分からない。

周りの人はみんな友達もいて、話をすることも普通に出来るのに、どうして自分には出来ないんだろう・・

 

私はそれが許せなくて、内向的な自分のことが大嫌いになっちゃったんです。

「外交的になれ」という周りからの圧力

悲しいことに、学校や職場でも、内向的な人ってあまり良く見られません。

確かに明るい人のほうが接しやすいし、周りの人とも上手く付き合えると思います。

その反面、大人しい人って何を考えてるのか分からないし、沈黙が多くて話しかけづらい・・と思われがち。

 

私も中学時代、そのことでとっても苦労した経験があります。

一人ポツンと佇む女子中学生

当時の私は小学生の頃に受けたいじめがトラウマになって、学校では全然人と話さなかったし、友達も作らず一人で過ごしてました。

それを見かねて、担任の先生や部活の顧問の先生が働きかけてきたんです。

「もっとみんなと話しなさい」「明るくなりなさい」って。

 

自分でも分かってたんですよね、私があまりにも人と関わろうとしないせいで、周りが気を遣ってるのが。

「なんでそんなに喋らないの?」ってあからさまに言ってきた先生もいましたし(汗)

なんでって言われてもなぁ・・昔からそうだったから説明のしようがないんですけれど。

 

多分、みんなは私にもっと心を開いて欲しかったんだと思います。社交的になって、友達作って、楽しく学校生活送りなよ!って。

それで私も「今の自分じゃダメなんだ。もっとみんなと喋るようにしなきゃ」と考え始めました。

 

 

でも、結局最後までそれは出来なかったんです。

やっぱり人の目が気になって、自分を出すのがどうしても怖かったから。

 

高校時代、大学時代・・と、私はそれからも人とのコミュニケーションが上手くとれないまま、大人になっていきました。

内気で消極的な自分に劣等感を抱きながら。

「自分のままでいいんだ」という気付き

でも最近、世の中には外交的な人もいる一方で、自分みたいな内向的人もたくさんいるんだ、ということを知って。

それから考え方が180度変わったんです。

指をさす人の手

中学時代、先生達から「もっと人と関わりなさい」「自分を変えなさい」と言われるたびに、「大人しい私はダメなんだ」といつも感じてました。

 

だけど、本当は自分を変える必要なんてなかった。内向的なままでも別に良かったんです。

だってそれが自分だから。

 

今思うと、当時の私に必要だったのは、自分を否定して外交的になろうとするんじゃなくて、内向的な自分を受け容れることだったのかもしれません。

 

先程紹介した本の中にも書いてます。

「敏感だったり内向的だからといって、自分を変えようとしなくてもいい」って。

内向的な自分のイラスト

人との交流が苦手で、上手く喋れなくて、周りの反応に敏感。

自分はそんな人間。そういう形で生まれてきちゃったんだからしょうがない。

しかもね、あんまり人とは喋らないけど、その分外交的な人に負けないくらい、内側には熱いものを持っていると自分でも思ってます。

 

人目を気にしたり、先のことを心配しすぎちゃう時もあるけど、それは事前にちゃんと準備をして、いい形で結果を残せるっていうことだし。

口下手だけど、文章を書いて伝えることは人に褒められるくらいしっかり出来るし。

 

内向的な自分だからこそ出来ること・与えられてるものもちゃんとある。

私も少しずつ、それらを認められるようになってきました。



【まとめ】いろんな人がいることを認める

「全然喋らないね」「大人しいね」

↑これからこんなことを言われたら、相手に向かってにこやかに微笑みつつ、心の中でこう返してあげたいと思います。

 

「だから?」って。

 

そう、だからなんだっていう話ですよ。

大人しい人間ですけど何か?内向的で何かいけないことでもあるんでしょうか?

世の中顔も中身もいろんな人がいるっていうのに、なんでみんなと同じにならなきゃいけないんでしょうか?(机バンバン)

 

あ、つい熱くなっちゃいましたね。

でも、本当にそうだと思うんです。自分のままでいいじゃないかって。

海岸の桟橋に一人で座っている女性

内向的だからといって、別に外交的な人と同じにならなくてもいい。

というかそんなことしようとしても多分無理です。私がそうだったように。

 

周りと違っても、自分の信念を持っていたり、個性を大事にしてるって素敵なことだと私は思います。

みんな同じような人間ばっかりだったら絶対世の中つまらないはず。いろんな人がいるから面白いんです。

 

今の自分を認めて、恐れずにありのままの姿を見せていきましょう。ア〇雪じゃないけど。

そのほうがきっと生きやすいから。

 

そして内向的でも外交的でも、それぞれの違いを受け容れられる世の中になったらいいな、と私も願っています(*´ω`*)

安音でした、チャオ♪