安音です♪

 

昨日11月23日は勤労感謝の日

私は特に大きなことはせず、普段通りに過ごそうかと考えてました。最初は。

 

ところが前の晩になって急にひらめいたんです。

スイートポテトのイラスト

スイートポテトを作ろうかな?」って。

 

仕事に地域活動に、いつも忙しい両親。

ひきこもってばかりの私に嫌なこと一つ言わず、ずっと見守ってくれている両親。

普段は恥ずかしくて「ありがとう」なんて言えないけど、心の底では本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

せめてこの日こそはちゃんと「ありがとう」の気持ちを伝えなきゃ、と思いました。

手作りの料理でもてなすことくらいしか出来ないけど、それでもいいから何かしてあげたい、と。

 

ちょうどサツマイモも家にあったし、スイートポテトは前々からずっと作りたいと思ってたんです。

もうすぐ秋も終わりですからね。作るには絶好のタイミング。

エッグタルトの中身

あと、以前エッグタルトを作った時のパイシートがまだ残っていたので、これも使っちゃうことにしました。

なので形としてはスイートポテトタルト、ということになります。

大きめに作っておけば家族みんなで食べられますし。

 

ということで、早速調理開始!



スイートポテトタルトを作ろう!

材料

うちにはタルト型がないので、今回はグラタン皿で代用しました。

 

直径12cmのグラタン皿1枚分

  • 冷凍パイシート・・・1枚
  • サツマイモ・・・300g
  • 牛乳・・・大さじ3
  • 卵・・・1個
  • バター・・・10g

 

トップバリュのおやつさつまいも

用意したサツマイモはこちら。トップバリュの小ぶりなサイズのものを3本使いました。

ただ後で気付いたけど、ちょっとホクホク寄りのサツマイモでしたね。もう少しねっとりした品種のほうが潰しやすかったかな?^^;

あとイモ自体に甘みがあるので、砂糖は入れないことに。

作り方

①サツマイモを潰す

キッチンペーパーとラップで包んだサツマイモ

まずサツマイモをよく洗って、濡れたままキッチンペーパーとラップで包んだら、レンジで柔らかくなるまで加熱します。

本当は皮を剥いて輪切りにした後、水に浸してアク抜きするのがいいと思うんですが、手抜きして今回はすっ飛ばしちゃいました。

フォークで潰しているサツマイモ

柔らかくなったら皮を剥いて(火傷注意!)、温かいうちにフォークで潰します。
(マッシャーなんて便利なものもうちにはありません)

②卵・牛乳と混ぜ合わせる

卵の白身と黄身を分けた器

手間と材料削減のため、今回卵は1個だけ。白身と黄身を分けてそれぞれ軽く混ぜておきます。

上の写真だと白身にちょっとだけ黄身が混じっちゃってますが・・どうせ一緒にするので大丈夫(苦笑)

スイートポテトの生地作り

そしたら、先程潰したサツマイモに牛乳・卵白・半量の黄身を加えてさらに混ぜましょう。

残りの黄身は最後のツヤ出しに使います。表面に塗るあれです。

③タルト生地を成形して仮焼きする

スイートポテトを作っている間、パイシートを取り出して解凍しておくのを忘れずに!

シートが軽く折り曲げられる程度の柔らかさになったら、型の大きさに合わせて麺棒で伸ばします。

 

チンすると膨らむので、多少薄くなっても大丈夫かと。

ただあんまり柔らかくしすぎると、指にくっついて成形出来なくなるので気を付けてくださいね。

パイ生地を入れたグラタン皿

そしたら型にバターを薄く塗って、その中に生地をセット。底にはフォークで穴をあけておきましょう。

・・相変わらず雑だなぁ私(汗)

 

これを180℃に温めたトースターで7分程仮焼き

生地が膨らんで、ほんの少し焼き色がついたら一度取り出します。焦がさないように注意です!

④スイートポテトを型に詰める

タルト生地に詰めたスイートポテト

生地の仮焼きが完了したら形を整えて、いよいよサツマイモをこの中に詰めていきます。

全体に満遍なくならして・・

刷毛で卵黄を塗っているスイートポテト

さっきとっておいた卵黄の残りを、表面に刷毛で塗っていきましょう。ペトペトペト。

この作業がやたら好きなのって私だけなんですかね?

 

そうして、180℃のトースターで10分程焼いたら完成です。

⑤出来上がり!

スイートポテトタルト

チーン♪出来ましたー!

すごい、我ながらいい感じに仕上がったかも。グラタン皿でも十分いけちゃいましたね。

 



頑張ってるあなたへ、いつもありがとう

切り分けたスイートポテトタルト

切り分けて夕飯にいただきました。

野菜のスープにメカジキのバジル焼き、そしてこのタルト・・と、この日はいつもよりちょっと豪勢なメニュー♡

 

両親も喜んで食べてくれたし、普段洋菓子をあまり食べない祖父も珍しそうにパクリ(笑)

サクサク生地に甘さ控えめのスイートポテト、美味しかったです!

 

 

1年半前に仕事を辞めてしまってから、父と母には迷惑ばっかりかけてきた気がします。

特に去年は、前の職場で受けた精神的な傷がもとで、会話もあまりしなかったし、すっかり塞ぎ込んでたんです。

 

本当ならしっかり自立しなきゃいけないのに、私には出来なくて、それが辛くて。

実は、今もたびたび申し訳ない気持ちでいっぱいになることがあります。

せっかく大学まで行かせてもらったのに、私がこんなんでごめんね、って。

 

でも、両親は私を責めるようなことはしませんでした。

働けてはいないけれど、作曲とか演劇のステージとか、私が好きでやっていることをずっと応援してくれてるんです。

こんなにありがたいことってないですね。本当に大切な存在ですよ。

 

改めてお父さん、お母さん、いつもお疲れ様。そしてありがとう。

ちょっと家事を手伝ったり、食事を作ったりすることしか出来ないけど、いつも感謝しています。

私も、少しずつ自分の力で生きていけるように頑張るから、これからも見守っていてね。

 

安音でした、チャオ♪