安音です♪

 

この間散歩に行った時のこと。

歩いていた道路沿いに保育所があったんですが、そこを通りかかったら、何やら音楽が聴こえてきたんですよ。

そういえばこの時期って、お遊戯会の練習のシーズンだな~と思って。



安音の幼稚園時代振り返り

幼稚園や保育園のお遊戯会、あなたは何をやったか覚えてますか?

私の通っていた幼稚園は私立だったせいか、市民会館のホールを貸し切って結構大々的にやってました。

遊戯(ダンス)

着物を着て扇子を持って踊るお遊戯会のダンス

↑例えばこれは年中さんの時、市松人形の踊りらしいです。

扇子持って踊ったのはなんとなく覚えてます。こういう普段着ないような衣装を着れるのもワクワクしたなぁ♪

法被を着て踊るお遊戯会のダンス

↑年長さんの時は法被着て踊ってました。なんか日本的なことばっかりやってますね(笑)

園全体の人数が多かったので、ダンスは一クラス3グループぐらいに分けてたんです。どの曲をやりたいかは園児の希望に任せてました。

今もステージで着物を着ちゃったりしてる私ですが、この時から和の雰囲気を好む傾向があったんでしょうか?

 

普段は内向的でいつも隅っこにいるタイプだけど、こういう行事は割と好きなほうでした。

子供だったから、今みたいに人目が気になるとか、失敗しちゃいけないとか、余計なことを考えてなかったからかもしれません。

音楽や踊りが大好きだったので、この時期は毎日それが出来ることが嬉しかったんだと思います。

オペレッタ(劇)

劇のほうもなかなか楽しかったです。園児がセリフを喋るんじゃなくて、用意された音源に合わせて動くだけだったんですけどね。

人前で喋るのが大の苦手だった私にとって、これは結構ありがたかった(苦笑)

 

で、こういう劇って、どうしてもメインのキャラをやる人ほど印象に残るじゃないですか。

だけど、私は目立つ役を演じたことは全然ありませんでした。

『シンデレラ』をやった年中さんの頃なんか、街の人でしたし。

幼稚園のお遊戯会

↑手前の紫スカートが私です。ほぼエキストラですよ。名前も何もないし。

今思えば主役で純白ドレスのシンデレラのほうがよっぽど華やかだけど、自分からはやろうとしなかったんですよね・・

 

そして年長さんで『浦島太郎』をやった時も、乙姫様なんかやるはずもなく、

魚の衣装を着た幼稚園のお遊戯会

確か自分で立候補したんだと思います、「魚がいい」って。

竜宮城で踊りを披露するお姉さん(?)とか、もっといいポジションの役でも良かったろうに、なんとなくこれにしちゃったんです。

 

「魚になったよ!」って親にも話したと思うんですが、何も突っ込まれませんでした。

あえて黙ってたのかもしれませんね。「もっと目立つ役にしたらいいのに・・」って内心は思ってたのかも(苦笑)

それか、私が頑張ってさえいれば何でも良かったのかな。

余談

あ、そうそう、魚ついでにもう一つ写真お見せします。

ミュージカルの小魚の衣装

小学生の時、ミュージカルの初舞台で着た小魚の衣装です。

どうです、この全身タイツ。なんの疑問もなしにこんな格好してたけど、今だったら絶対着れません。

 

海の世界の話だったので、魚のキャラがいっぱい出てきたんですよ。私もその一人で。

年齢的にメインキャストになれなかったせいもありますが、この時も私は名前もセリフもないキャラでした。アンサンブルっていうやつです。

だから衣装もこんな感じ。年齢が上がって舞台経験を重ねるに連れて、ちょっとずつ役はもらえるようになったんですけどね。



無理して積極的になろうとしなくてもいい

振り返ってみると、私って当時からあんまり目立ちたがるほうではありませんでした。

消極的な人にとって、後ろに引っ込んでたほうが気持ち的には楽じゃないですか。注目されることが少ない分、いろいろと無難だし。

 

でも、今の世の中って目立つ人や積極性のある人のほうが良く見られるんですよね。

私も内向的な性格から人間関係が上手くいかなかったし、成長するに連れて、そんな自分のことが嫌いになったりもしました。

 

だけど、無理に表舞台に出ようとしたり、積極的にならなくてもいいんじゃないかな、と今では思うんです。

内気なのも引っ込み思案なのもその人の個性だし、そんな自分をダメだと否定して変えようとしなくてもいい。

何かをする時は裏に回って支える人も必要ですからね。それで誰かの役に立てるならすごく幸せなことです。

 

そして何より、自分が楽しいところにいれば十分。

お遊戯会の劇だって、目立つ役どころではなかったけど私は楽しくやってました。主役だからいいとか脇役だからダメだとか、そういうのは別にどうでもいい話。

本人が楽しいことが一番だと思っています。

 

地味でもなんでも、気にしなくていいんですよ、それが自分なんだから。

「こんな人間がいたっていいよね」くらいの気持ちで、個性を大事に生きていきましょう。

 

安音でした、チャオ♪