安音です♪

 

先々週、演劇の舞台にちょっとだけ参加してきたばかりの私ですが、昨日再びステージの上へ。

今度は知人がやっている人形劇のサークルの発表会でした。まさに文化の日に相応しい一日。

2週連続で舞台に上がることになったので、ここ数日はなかなか忙しかったです(苦笑)

9月から音楽担当として関わらせてもらってて、曲を作ったり、キーボードで歌の伴奏をしたりしています。

地元のコミュニティFMでも番組を持ってるので、そこでも少し演奏をさせてもらってました。

>>ラジオの読み聞かせ番組でBGMを演奏してきた話

 

年に一回、新作の人形劇をイベントで上演してるみたいなんですが、昨日がその発表の日だったんです。

ある昔話を地元の東北弁にしたもので、私も面白いな~と思いながら練習を見てました^^



参加してみて学んだこと・得られたもの

新しいことに挑戦出来た

今回私がやったのは、その劇で流れる歌の作曲。

BGMは演劇やラジオなどでたまに作ってたんですが、歌ってあまりやったことがなかったんですよね。しかも人形劇。

上手くいくか不安だったけど、それよりも劇自体がすごく面白そうだったので、喜んでOKしました。

 

で、終わった今考えてみると、本当にやって良かった

作ってる段階からもう楽しかったんです。どんな形にするか悩むこともあったけど、その時間すらなんかワクワクして。

初めてのことに挑戦したおかげで、勉強出来たこともたくさんあったし、曲自体もいい感じに仕上がりました。

温かい人達にたくさん出会えた

今回嬉しかったのが、サークルの皆さんにとても親切にしていただいたこと。

メンバーは40代以上の方々ばっかりで、その中に20代の私が急に入っちゃって大丈夫かな?と最初は思ってたんですが( ̄▽ ̄;)

皆さん本当に優しくて、そんな心配は一気になくなりました。

 

毎回練習会場に着くと「待っててね!お茶淹れるからね~」とわざわざ飲み物やお菓子を準備してくれたり。

何か曲を弾かせてもらうたびに「素晴らしい!」「ありがとうね~」と優しい言葉をかけてくださったり。

いい人にいっぱい巡り合えて、こちらが逆に感謝の気持ちでいっぱいです(涙)

 

しかも皆さん、作品をより良いものにするために、練習の時は次々いろんなアイデアを出します。

これは正直びっくりしました。私はあまり意見を言えないタイプなので、みんなで一つのものを創っていく様子にすごく刺激を受けたんです。

自分の思っていることはしっかり伝えたほうがいいんだな、と勉強になりました。

 

▼▼▼関連記事▼▼▼

本気でいいものを創りたいなら、自分の気持ちを伝えることを恐れない

 

重ねられた手作りのテディベア

それから、一人ひとりが自分の特技を活かしてるんですよね。

お裁縫が得意で、劇で使う人形を一日一体作っちゃう人もいるし、絵が描ける人は発表のチラシやパンフレットの挿絵を描いたりするし。

その中で今回私は音楽をやらせてもらったわけですが、こうやって自分の持ち味を活かせる現場っていいな、と思いました。

 

だから練習に行くのが今も毎回楽しみです。これが仕事だったらどんなに幸せか!と^^;

オバ様方のパワー侮れません、本当に素晴らしい。

 「楽しむこと」が一番大事

ただ今回の発表、始まる直前までずっと準備に追われてました。

人形がどんな動きをするかとか、本番の朝に打ち合わせしてましたし、連日作り物をしてる人もいて。

メンバー曰く、バタバタは毎度のことらしいです。今回も多分一回も通して練習してないんじゃないかと思います(苦笑)

 

そんな「ぶっつけ本番」感がこのサークルの売りみたいなんですが、初めての私は心底不安でした。

「これで本当に大丈夫なの・・?」と。

 

でも、不思議と上手くいったんです。

 

 

準備不足がたたって裏でバタバタしたり、いろいろ細かいミスはあったんですが(苦笑)

それでも、お客さんはみんな笑顔。

人形劇なので親子連れが多かったんですが、どの人も最後までとっても楽しそうに観てくれてました。

 

客席も巻き込むような形で進行したので、お客さんとの距離が近かったのも理由の一つかもしれません。

そして何より、やってる皆さん自身が楽しそう。ハプニングすらも楽しんでるというか。

 

ピアノが置かれたコンサートホール

もともと私は演劇や音楽の舞台に立ってきて、ステージという環境がいかに怖いものかも知ってました。

お客さんの前に立つ以上、緊張もするし、失敗はしたくないし。

だから本番はしっかり練習をしてから臨む。ぶっつけなんて論外、と思ってたんです。

 

でも、そうやって完璧にやろうとすることばかりを考えると、堅くなりすぎて楽しむ余裕がなくなります。

自分が楽しくないものを、お客さんが観て楽しんでくれるわけがないですからね。

 

そうか、いくら自分が失敗しないように頑張っても、お客さんがついて行けなかったら意味がないんだ。

「完璧じゃなくても、お客さんが喜んでくれることが大切なんだ」と改めて気付かされました。

 

今回のサークルの皆さんは、人形劇を極めたいとか、すごいクオリティのものを観てもらいたい、と思って活動してるわけじゃありません。

あるのは「来てくれた人達に楽しい時間を過ごしてもらいたい」という思い、ただそれだけ。

何かを創る時って、結局一番大事なのはその気持ちだと思うんです。

 

カエルのカーミット

この日は劇の他に、歌に合わせてみんなで手遊びをするコーナーもあったんですが、私はその伴奏も担当しました。

会場全体が和やかな空気でいっぱいになって、演奏していた私も自然と笑顔に。

久し振りにこんな楽しい気持ちでステージに立てた気がします。



いただいたチャンスと仲間とのご縁に感謝

というわけで、私にとって初めての人形劇公演はこうして幕を閉じたのでした。

さっきも書きましたが、今回は本当にいい人達に恵まれたなと思います。

いっぱい優しくしてもらって、励まされて、私も安心して本番を迎えることが出来ました。

 

そして「やりたい」という気持ちを優先して、作曲を引き受けてみたことは大正解!

慣れない作業に挑戦したことで少し自信がついたし、出来ることも増えたし。

新しい繋がりも生まれたので、このご縁に心から感謝したいと思います。

 

 

もっといろんなことにチャレンジして、楽しみながら自分を表現していきたいですね。

またワクワクする出来事が待っていますように(*´ω`*)

 

安音でした、チャオ♪