安音です♪

 

私の地元には、市内限定でラジオ番組を放送しているコミュニティFMがあります。
(身バレが怖いので場所は伏せますが^^;)

ニュースやイベント情報を配信したり、町で活動している団体やミュージシャンによる番組もあったりして、地域の人にとっては嬉しいラジオ局なんです。

私が作曲のお手伝いをしている市民劇団も番組を持っていて、そのジングルやBGMを作らせてもらったこともありました。

 

ちょっと変な気もするんですけどね、自分の曲がラジオから流れるって(苦笑)

たまーにですがメンバーのみんなに混じって、パーソナリティーをやったりもしてるんですよ。

レッスンの合間を縫って、練習会場に機材を持ち込んで収録しています。



局のスタジオで生演奏してきた

物語に即興で音楽をつける

この他に、最近は知人がやっている人形劇のサークルでも曲作りをするようになりました。

こちらの団体もラジオで読み聞かせの番組をやっていて、昔話や童話を地元弁で紹介するんです。

 

月に1回収録があるんですが、先日私もそれに呼ばれて行ってきました。

「来月放送するお話にBGMをつけたいから、キーボードで演奏して欲しい」と言われて。

 

局内のスタジオにキーボードを持ち込んで、お話に合わせて即興で音楽をつけていく、という形だったんですね。

台本をいただいたのが収録の前日で、最初は正直「そんな無茶な」と思いましたけど(苦笑)

でも、表現の経験を積んでおくことは大事かな、と思って頑張ることに。

ほとんど一発録りだった本番

そして当日。

完全に即興で全部やるのはハードルが高かったので、「なんとなくこんな感じで弾いてみたい」という大雑把なメロディーを朝のうちにダッシュで作りました。

細かいところはメンバーの皆さんの声を聞きながら合わせていこうと。

 

もともと私はアドリブ苦手なんですけどね。「適当にどうぞ」とか言われるとどうしたらいいか分からなくなって固まるタイプです。

でもここはもう臨機応変に乗り切るしかない。やれるとは言えないけどやるしかない。

 

夜7時過ぎ、スタジオに集合。場所は知っていたけれど初めて中に入りました。

テーブルにキーボードを置いて、その近くに局の方がマイクをセットします。

ラジオの収録現場のイラスト
▲うろ覚えの汚い絵ですみません

これで急に高まった緊張感。

こんなふうに生の演奏録られるの、私も初めてなんですよ。やっぱりちょっと固まっちゃいましたね。

しかも今回、大きく間違えたり気になるところがない限りは一発録りだったんです。だからさらにドキドキして。
(スタッフさんの都合もあるし、小さい局の番組なので)

シンセサイザー

メンバーの皆さんが語る昔話。

それを引き立たせるように、イメージを音に乗せて鍵盤を鳴らす私。

 

初めてのラジオ内での演奏は、楽しかったというより終始必死でした(笑)

まあしょうがないか、慣れないラジオ局ですもんね。いい経験させてもらっただけでもありがたいです。

 

お話の他に歌のコーナーもあって、この日は季節の童謡を一曲録音。

これも私がキーボードで伴奏をして、メンバーの皆さんに歌ってもらいました。

歌もお話も、本当に楽しんでやってらっしゃるんですよ。キラキラしててすごいな~と思いながら弾いてました。

口下手によるガチガチトーク

なんとか演奏のほうは終えることが出来たんですが、最後に待っていたのがトークの録音です。

スタジオに置かれたスタンドマイク

出た・・私が大の苦手とする喋り・・

エンディングで私の紹介もしてくださるとのことで、軽く自己紹介をするハメになっちゃいました。

 

何を喋ったのか自分でもよく覚えてません。マイクを前にしてリラックス出来ずに、背筋をピーンと伸ばして座ってたことしか記憶にない(苦笑)

「えーと、今回ですね初めて、音楽と、あのー演奏のほうを担当させていただきました、安音でーす」みたいな感じだったかな・・

ガチガチの挨拶でした、多分。

 

それでも今回誘ってくれた知人がいっぱい盛り上げてくれたので、簡単な受け答え程度で済んだのが良かった(笑)

これ以上トークを求められたら本当にパニックになってたと思います。「言葉が出てこない!」って。



やってみた価値はあった!

そんなわけで、私の初めてのラジオ演奏&トークは緊張しっぱなしのまま終了したのでした。

正直、楽しむほどの余裕はなかったですね・・「録音」って聞くとどうしてもきちんとしたものをお届けしなきゃと思って、堅くなっちゃった気がします。

また完璧主義が発動してしまった(汗)

 

でも、改めて今の自分の課題も見えてきたし、勉強になることもたくさんあったので、やってみたことは大正解!

誘ってくれた知人はじめ、サークルの皆さんには本当に感謝です。

白いマグカップに入ったカフェのホットココア

その後、スタジオ隣りのカフェで今後の打ち合わせをしながら、翌月の収録にも参加することになってしまったのでした(笑)
(↑ホットココア美味しかったです。ドーナツもご馳走になりました)

 

まあでも嬉しいことですよ。私に出来ることがあれば、今後もいろんなところで表現のお手伝いをしてみたいです。

音楽や文章、そういった自分の好きなことで誰かの役に立てるってやっぱり幸せ。これからも精進します。

来月はもうちょっと楽しんでやれたらいいな~(苦笑)

 

安音でした、チャオ♪