安音です♪

 

皆さん、食事をする前の「いただきます」の挨拶、ちゃんとしていますか?

そして食べ終わった後も、「ごちそうさま」を忘れずに言っていますか?



大事だけど、つい忘れがちな感謝の気持ち

手を合わせて「いただきます」をする女の子のイラスト

私は正直、今までこの2つの言葉を意識したことはありませんでした。

美味しいものがたくさんある日本に住んでると、「食事」ってもう当たり前の行為になってますよね。

だから「どうしてわざわざ挨拶しなきゃいけないの?」と思ってたんです。

 

でも、うちの祖父は毎食必ず手を合わせて「いただきます」と口にしています。

それを見てるうちに、「食べることに対して感謝するのは当然なのかもしれない」と思い始めました。

他の生き物の命をいただいたり、いろんな人の力で作られたものを自分の身体に取り入れるわけですし。



他の生き物がいて初めて、私達は生きられる

遡ること18年前。

当時7歳の私は、町で活動していた子供のミュージカル劇団に入って、舞台でお芝居をするようになりました。

 

それでこの年上演した作品が、命の循環食糧問題をテーマにしていたんですね。

「自然や他の生き物の命があってこそ、人間は生かされてるんだよ」というメッセージが込もった作品でした。

 

 

ストーリーを大まかに説明すると、舞台は海の世界。

ここに棲む魚達はみんな、「人間や他の生き物に食べられたい」という夢を持ってるんです。

 

自分達は食べられるために生まれついたのだから、その役目をちゃんと果たしたい。

「ありがとう」「ごちそうさま」と言われながら、美味しいと思って食べてもらいたい、と。

 

無事に命を捧げた魚達の魂は、新月の晩に精霊のような姿で海に帰って来て、再び生まれ変わるまで眠りにつきます。

ただ、中には食べてもらえずに生ゴミとして捨てられたり、役目を果たすことが出来ない生き物もいて・・という設定。

 

もちろん物語なので、現実の海の世界がどうなってるかは分かりません。

でも魚や他の生き物だけじゃなく、野菜だって果物だって、それに水にだって命がありますよね。

「ちゃんと『ありがとう』って思いながら食べなきゃダメなんだよ」と、私もこの作品から教わったんです。

 

豚肉とレタス・白米のワンプレート

・・教わったものの、今まで普段の生活の中ではちゃんとそれを活かしきれてなかったんですが(汗)

自分で買い物をして食事を作るようになってから、生き物や自然のありがたみを感じることが増えました。

食材がテーブルに並ぶまでにも、たくさんの人の手間がかかってる。生産者の人、仕入れる人、売っている人・・

 

それを考えると、毎日ご飯が食べられるって本当にありがたいことなんだな、と実感出来るようになったんです。

だから手を合わせて、「いただきます」と「ごちそうさま」を口にするようになりました。



「ありがとう」の気持ち一つで幸せな時間になる

そうして食べるようにしたら、食事の時間がなんだかすごくあったかくなった気がします。

一つ一つの食材に「ありがとう」と思いながら食べると、量がそこまで多くなくても満足出来るんですよね。

「今日のご飯とっても美味しかったなぁ」と幸せな気持ちになる。

 

 

適当なものをつまんだり、ただたくさん食べても、満たされるのはその一時だけ。

後で身体を壊して苦しむのは自分自身ですからね。痩せるわけもないし・・( ̄▽ ̄;)

 

美味しいものを楽しみたいなら、自分の食事に携わってくれた人や生き物にちゃんと感謝していただくようにしましょう。

何倍も愛おしい時間になるはずですよ。

 

安音でした、チャオ♪