安音です♪

 

遡ること6年ほど前。

私が大学に通っていた頃、よく食べていたお菓子がありました。

 

それがエッグタルト。

 

 

 

大学生協の売店で売られていて、学生の中でも人気の高いメニューの一つだったんです。

 

サクサクの生地に甘いカスタードクリーム。

売り切れになってると結構ショックだったのを覚えてます^^;

 

 

それで、この懐かしのエッグタルトを再現出来ないかな?と前々から考えてました。

思い出したらまた食べたくなってきちゃって。

 

タルトは今まで作ったことないし(市販の生地にクリームやフルーツを乗っけたものしか)、実物のように上手くはいかないかもしれない。

でもでも、とにかくあの味をまた楽しみたい(>_<)

 

というわけで、人生初のタルト作りに挑戦してみました。



エッグタルトを作ってみよう!

材料

今回用意したのはこちら。

直径7cmのアルミカップ3個分くらい

  • 卵・・・1個
  • 牛乳・・・100ml
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 冷凍パイシート・・・1枚

 

 

私が食べてたのはクッキー生地のエッグタルトだったと思うんですが、パイシートが家に余ってたので、それを使っちゃうことにしました。

 

一から生地を作るのはちょっとハードルが高いし・・( ̄▽ ̄;)

だからちょっと違った味わいになるかもしれないけど、とりあえずそれっぽいのが出来ればOKということで。

作り方

①タルト型を用意する

生地からタルトを作るには、まず型を用意しないといけませんね。

でもうちにはタルト型がないので、牛乳パックで代用。

 

牛乳パックとアルミホイルで作ったタルトリング

↑細長く切った牛乳パックを丸めて、ホッチキスでパチパチして輪っか状に。

それをアルミホイルで巻いたものを3個作りました。

 

底はないけど、これにパイシートを嵌めれば生地が焼けます。

②クリームを作る

型が準備出来たら、早速生地作りに取り掛かりましょう。

 

カスタードクリームの生地を混ぜているボウル

↑まずは耐熱容器の中に卵と砂糖・薄力粉を入れて、牛乳を少しずつ加えながらまぜまぜ。

 

ラップをして、600Wのレンジで1分加熱してもう一度混ぜます。

とろみがつくまで1分チン→混ぜるの繰り返し。

 

カスタードクリームを混ぜているボウル

↑これでカスタードクリームが出来ました。

味見のつもりでちょっとつまみ食いしちゃったのは内緒です・・

③オーブンで焼く

クリームの粗熱をとってる間、オーブンを180℃に予熱して、パイシートを解凍しておきます。

 

解凍している冷凍パイシート

↑あんまり柔らかすぎると、指にくっ付いて成形しづらくなってしまうので、軽く折り曲げられるかな~?くらいの程度に。

 

これを3等分して、型に収まる大きさになるまで麺棒で伸ばしたら、リングの中にセット。

タルトリングに嵌めた冷凍パイシート

↑・・ちょっと雑になってしまった(汗)

 

薄く伸ばしすぎて底が破れたので、余った生地で埋め合わせたのも1つ。

初めてなんで許してください・・

 

底にはフォークで軽く穴をあけておきます。

 

 

オーブンの予熱が完了したら、クッキングシートを敷いた天板に乗せて、このパイ生地だけをまず7分ぐらい仮焼き

 

エッグタルトの生地

↑一度取り出して形を整えたら、その中に先程作ったクリームを入れましょう。

もう一度オーブンの中に入れて、180℃で20分くらい焼きます。

 

 

~20分後~

焼き上がったばかりのエッグタルト

焼けました!

うわーすごい!エッグタルトだー!!

 

焼き上がりはクリームがぷっくりしてるんです。

美味しそう~♡

 

ちなみに、もうちょっと焼き色を付けたい時は5分単位で時間を調整します。

私もこの後少しだけ追加で焼きました。

完成!

エッグタルトとコーヒー

出来た~出来た~♪

久し振りのエッグタルト!

 

いただきまーす。

エッグタルトの中身

あぁ懐かしい・・

サクサクの生地、甘いカスタードクリーム・・

 

大学時代の思い出が蘇ってきました。

自分で言うのもなんですが、初めてにしては上出来。美味しい!

 

 

食べたいものを自分で作るって、やっぱり楽しいしワクワクしますね。

最初は失敗しても、実験を重ねるつもりで繰り返していけば、必ず上手く出来るようになるはず。

 

ということで、幸せなおやつタイムを過ごすことが出来、人生初のタルト作りは大成功に終わったのでした。

思い出の味・懐かしい味、あなたも自分自身で再現してみてはいかがでしょうか?

 

安音でした、チャオ♪