ずっと、流されてばかりの人生だった。

 

素直に自分を出すのが怖くて、周りに合わせて生きたほうが楽だと思っていた。

傷つくのが嫌で、人に嫌われるのが怖くて、いつもいい子でいるようにしてた。

 

でもそうやって生きてきて、自分は本当に楽しかったのかな?

 

親や大人・友達を思い浮かべているイラスト

黙って言うことを聞いていれば、親や家族が可愛がってくれた。

「いいこと」をすれば、周りの大人が褒めてくれた。

本当の気持ちを口にしないほうが、友達とも上手くいくと思っていた。

 

自分を抑えれば、他人とも楽に過ごせる。そのほうが無難でいい。

そうやって生きるうちに、私は自分自身に優しく出来なくなっていった。

他人の目を気にするあまり、どんどん自分の気持ちに正直になれなくなった。

一人ポツンと佇む女子中学生

本当の気持ちを表に出したら、人に嫌われる。自分を否定される。

それが怖かったから。



 

だけど。

周りに自分を合わせても、何もいいことなんてなかった。

楽だけど、楽しい生き方だとは思えなかった。

 

本音を押し殺して、口も閉ざすようになって、私は人との関わり方が分からなくなってしまった。

そして、そんな自分のことが大嫌いになった。

 

内気で引っ込み思案な私。自信が持てない私。

嫌で嫌で仕方なかった。

周りのことも、自分のことも、誰も信じられない。

 

 

憂うつな毎日に耐えられなくなって、ついに心まで病んでしまった。

 

病院に助けを求めたけれど、ある時処方された薬を大量に飲んだ。

もう耐えられなくて、楽になりたくて。

たくさんの人にお世話になったのに、仕事も辞めた。

 

こたつに入って寝そべっているイラスト

今まで、何のために生きてきたんだろう。

こたつで抜け殻のようになりながら、初めて自分自身とじっくり向き合って考えた。

 

結局私は、自分で自分を傷めつけて、一人で苦しんでいただけだった。

他人に振り回されて、どんどん自分を見失って。

心に鍵をかけたまま、何とかしなきゃと思いながらも、何も変わろうとしてこなかった。

 

しばらく休む時間をとって、いろんな音楽を聴いたり、本を読んだりした。

そんな時、ある歌の歌詞が耳に飛び込んできた。

 

たとえ誰になにを言われてもいいさ
好きにやれる一瞬(いま)があればそれでいい
出典元:吉川晃司「KISSに撃たれて眠りたい」

 

・・そうか。

私はずっと、自分に正直になりたかったんだ。

 

愛情、怒り、恐怖、喜び・・

その素直な気持ちから目を背けないで、表現してみたかったんだ。

 

嫌いで、恥ずかしくて、ずっと閉じ込めてきた自分自身。

やっと見つめ直すことが出来た。

 

優しく出来なくて、ごめんね。

信じてあげられなくて、ごめんね。

 

星空を見上げているイラスト

だから決めた。

これからは、誰よりも自分を大事にしてあげよう。

 

「やりたいことをやっていい」と、両親も背中を押してくれた。

もう、周りの目を見ながら自分を作っていくんじゃない。私が私を創るんだ。

楽しそうな道・面白いと思う道を、私は自分で選んでいけるんだ。

 

 

迷うこともきっとある。

傷つくこともきっとある。

でも、後で振り返った時に「面白かった」と思えそうな気がする。

 

そんな、自分だからこそ出来る生き方をしてみたい。

 

 

自分の声を聞いて、生きていこう。