安音です♪

 

先週末の日曜日はなんの予定も入れずに、自宅でゴロゴロしながら過ごしました。

その前の日、ちょっとしたイベントでダンスを踊ってきたんですが、いろんな人と顔を合わせたことで疲れちゃったんです。

 

 

人前でパフォーマンスをすることは昔から大好きな私。

でも、ステージから降りて人と直接コミュニケーションをとることはすごく苦手で。

 

あんまり自分から話をするタイプじゃないので、周りに人がいると気を遣ってしまうんですよね。

だから、たくさんの人と接する環境にいると体力を消耗しちゃうんです。

 

このイベントの日も、ダンスが終わった後より、メンバーと別れて一人になった後に疲れが押し寄せてきました(汗)

 

 

ということで、翌日はひたすらゆっくり休むことに。



ベッドの上で一日読書の日

お昼を食べ終わって、眠くなってくる午後の時間帯。

まずはお気に入りのカップにコーヒーを淹れて、くつろぐ準備をします。

 

この日は太陽が顔を見せたり引っ込めたりの不安定なお天気。

夏にしては気温も低めでちょっと寒いな、と感じるくらいでした。

 

だからこそ、あったかいコーヒーが身体に染み渡ってホッとする(*´ω`)

 

布団の上に置かれた本とコーヒーの入ったマグカップ

そのコーヒーと、本棚から取り出した何冊かの本を持ってベッドの上へ。

今日はここで一日中本を読んで過ごそうと決めました。

 

 

お疲れモードの日や新しい本を買ったばかりの時、一日読書デーをたまに設けるんです。

この日もベッドから動かずに、夕方まで5時間ぐらいぶっ通しで読み続けました。

ほっこりする本をチョイスして気持ちもリラックス

ゆっくりしたい時は、マジメなビジネス本とか入門書はあまり選びません。

頭が休まらないからです(眠くなるし)

 

心を落ち着けてくれるような、温かい作品を読むようにしています。

 

 

この日読んだ1冊目の本は、名木田恵子さんの『レネット 金色の林檎』

児童文学なんですが、中学時代、読書感想文コンクールの推薦図書に指定された作品です。

私もこれを読んで感想文を書いたことがあって、10年以上経った今でも時々読み返してます。

 

 

崩壊寸前だった主人公家族と、チェルノブイリ原発の事故で被曝した、ベラルーシ人の男の子との交流を描いた物語。

 

北海道の余市が舞台になってて、海とかヒマワリ畑とか、夏の情景描写がとっても綺麗なんです。

思い出深い作品で、夏が来ると読みたくなる一冊。

 

2冊目は心理カウンセラー・和田由里子さんの『「自分が嫌い」と思ったら読む本』

「なんで私っていつもこうなんだろう・・」と落ち込んだ時によく読んでます。

 

この日も、自分にポジティブな言葉を届けてあげたくて引っ張り出しました。

自分の好きなものと一緒に過ごそう

使い終わったカレンダー

↑ちなみにブックカバーなんですが、使い終わったムーミンのカレンダーで作ってます。

特に愛しのスナフキンのカバーは自分でも大のお気に入り。

 

カレンダーでブックカバーを作っているところ

作り方は本屋さんでもらえる紙のブックカバーと同じです。

↑本の大きさと絵柄に合わせてまず上下を折って・・

 

カレンダーでブックカバーを作っているところ

↑左右も折って、出来たポケットの中に本の表紙を挟みます。

 

ムーミンのカレンダーで作ったブックカバー

これで自分オリジナルのブックカバーが完成。

 

なかなかいいと思いません?裏面はカレンダーだけど(笑)

自分の好きな絵柄で作るとすごく楽しくて、私もたくさん作っちゃいました。

 

ムーミンのカレンダーで作ったブックカバー

いや~いつ見ても可愛い・・♡

 

単行本サイズ、新書サイズ、文庫本サイズと大きさもいろいろです。

マンガももちろん挟めます。

 

コーヒーが入ったスナフキンのマグカップ

↑そして、コーヒーを淹れたマグカップもスナフキンです。

 

もうね、本当に好きなんですよ彼。

好きというか憧れなんですよ。

 

悠々と旅して、ハーモニカ吹きながら好きな所で自給自足の生活して・・って憧れ以外の何物でもないです私にとって(熱弁)

 

 

というわけで、この日はのんびりした時間をたくさん満喫。

 

おかげで疲れもとれて、翌日からまた元気にスタートを切ることが出来たのでした。

たまには何の予定もない一日もいいもんですね^^

 

そんな時におすすめしたい、読書の時間。

あなたも是非、自分の大好きなものと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

安音でした、チャオ♪