安音です♪

 

私は子供の頃から人付き合いが大の苦手。

周りの目を気にしやすいタイプだったので、「相手に嫌われたくない」「不快な思いをさせたくない」、自分の気持ちを抑え込んでばかりいました。

だから、人とオープンに話すことが出来なかったんです。

 

さらにそれがエスカレートすると、行動力もなくなっていきます。

何かやりたいことがあっても、「上手くいかなかったらどうしよう」「周りから何か言われたらどうしよう」と考えて、行動に移すことが出来なくなる。

 

「人にどう思われるか」を気にすると、こんなふうに自分の行動や人付き合いに大きな制限をかけてしまいます。

この気持ちさえなければ、もっと素直に自分を出したり積極的になれるのになぁ・・と、私も長い間ずっと悩んでました。



自信を失くす「思い込み」

人の目を気にしてしまうのは、自分に対して自信がないから。

その自信のなさをもたらしているのが、自分の中にある思い込みです。

 

「私は大したことない人間だ」とか「人に嫌われちゃダメだ」とか。

自分で無意識のうちに決めつけてしまっていること、あなたにはありませんか?

女の子同士のいじめのイラスト

私も自信のなさの裏側には、「自分の気持ちを表に出したらいけない」という思い込みがありました。

これは小学生の頃いじめにあって、「自分の思っていることを口にしたり、行動に移したら周りからバカにされる」と考えるようになったからです。

 

ただ、そうして自分の身を守ろうとしても、人間関係が上手くいったためしはないんですよね・・

逆にますます人と関わるのが苦手になって、自分に対する自信も失うことになってしまいました。

だから今の状況を変えたいのであれば、こうした自分の考え方を見直して、今までと違う方向に直していく必要があるわけです。

 

とはいっても、「自分の性格ってそう簡単に変わらないんじゃないの?」と思う方もいるんではないでしょうか。

そこで今回は、「人目を気にする性格を変えたいけど、どうしたらいいのか分からない」という方におすすめしたい本を2冊ご紹介します♪



いちいち“他人”に振り回されない心のつくり方(中島美鈴)

中島美鈴『いちいち“他人”に振り回されない心のつくり方』

まず最初はこちら。

著者の中島美鈴さんは「認知行動療法」という精神療法を専門にする臨床心理士です。

 

認知行動療法というのは、感情に影響を及ぼすその人の「考え方」を修正することで、落ち込んだ気持ちを軽くしていくという療法。

うつ病や不安障害にも効果があると言われていて、近年注目されているんだとか。

 

この本ではそんな認知行動療法における考え方をもとに、人間関係を改善させるためのヒントがたくさん紹介されています。

学べること・勉強になるポイントは主に次のようなもの。

  • 「人を信用してはいけない」などという自分の思い込みを書き換える方法
  • 相手の顔色を伺って不安になったり、言いたいことが言えずイライラしてしまった時の対処法
  • 変わりたいのに変われないときはどうしたらいいか?
  • 自信がない人、自分で自分を大切に出来ない人へのアドバイス

 

これからはもっと自分の気持ちに正直になって、楽しく人と関わりたいと思わせてくれる内容です。

相手のことばかり考えて、自分の気持ちをつい抑え込んでしてしまう・・という人におすすめ!

 

あれこれ考えすぎて“動けない人”のための問題解決術(倉成央)

倉成央『あれこれ考えすぎて“動けない人”のための問題解決術』

こちらも、自分の考え方の基盤を直す方法が書かれた本。

著者は臨床心理士として、株式会社メンタルサポート研究所の代表を務めておられる倉成央さんという方です。

「考える前に行動しなさい」と言われる側の本音

冒頭で書いたように、私は何かをしようとしても「悪い結果になったらどうしよう」と思って、行動するのを躊躇してしまうタイプでした。

 

会社員時代も、作った書類のチェックを上司にお願いするのが怖くて、何度も仕事を先送りにしてしまったり・・(-_-;)

やらなきゃいけないことだと分かってるのに、「間違いを指摘されるかもしれない」と心配して、行動に移せなかったんですね。

指をさす人の手

で、よくそういう人に「グズグズ悩んでないで行動しなさい」とか「そんなのやってみなきゃ分からないでしょ!」というアドバイスをする人がいるじゃないですか。

でも「そう言われたって、自分の行動をすぐに変えるって正直難しい・・」と私は思ってたんです。

「まず動け!」と言われただけでパッと動けるようになるんだったら、誰も苦労しないですしね。

行動の前に湧き上がってくる「不安」

すぐに動けない人は、仕事のやる気がないわけでも、自分を変える気がないわけでもありません。
(中にはそういう人もいるかもしれませんけど・・)

行動する前に不安になってしまうから、動かなゃと分かっていても動けないんです。

心配する女性のイラスト

だから考え方を改めようとしても、それ以前にこの「不安」という感情をなんとかしないと上手くいかないんですね。

「動け動けって言うけど、じゃあどうしたらすぐ動けるようになるのか教えてよ」と、私もよく心の中で呟いてました(苦笑)

 

「考える前に行動しなさい」というアドバイスは、なかなか動けない人からすると実はかなり難しいものなんです。

 

そうした、自分の行動にブレーキをかけてしまう「不安」を消すための方法が紹介されているのがこの本。

私もこれを読んで、変わろうと思ってもどうして上手くいかなかったのか、その原因が分かってスッキリしました。

同時に、自分の感情をポジティブにコントロールしていくための方法についても学ぶことが出来ます。

 

どちらの本も、読み終える頃には今よりずっと明るい気持ちになれるので、是非目を通してみてくださいね!

そして本当に効果を感じたいのであれば、書かれている対処法を必ず実践してみましょう。

読んで終わりにするのではなく、アウトプットも忘れずに!

 

安音でした、チャオ♪