安音です♪

 

2018年10月25日から始まった、第31回東京国際映画祭

私も2日目の26日に、宮城から参戦してきました!

第31回東京国際映画祭 TOHOシネマズ入り口

世界各国から厳選された数々の作品が都内各所に集まる映画の祭典。

今回もこれから公開予定の新作から、『カメラを止めるな!』『万引き家族』といった今年の話題作まで続々と上映されることになっています。

第31回東京国際映画祭 上映作品一覧

映画祭に足を運んだのは生まれて初めてだったんですが、とにかくいろんな人がいますね!びっくりです。

海外の方、映画業界の方、俳優さん監督さん・・

エネルギッシュで創造力に富んだ人が、世の中こんなにもたくさんいるんだなぁとものすごく刺激を受けました。
(田舎者なんでこういうのが珍しくて仕方ないのですよ)

第31回東京国際映画祭 六本木会場レッドカーペット

ワイドショーやネットニュースでたくさん取り上げられていたレッドカーペットも、初めてその実物を拝見!

「これがあのレカペかぁ~・・(”Д”)」と、しばし別世界に来てしまったような錯覚に襲われた私でした。



アジア・オムニバス映画

それで、どうして今回わざわざ東京まで向かったかといいますと、この作品を観たかったからなんです。

映画『アジア三面鏡2018:Journey』フライヤー
▲上映終了後にいただいたフライヤー

『アジア三面鏡2018:Journey』。

短い3つの作品が続けて上映される形のオムニバス映画です。

 

本当のことを言うと、このうちの一作で主演を努めた長谷川博己さん(以下:ハセヒロさん)が好きで、会いたいがために観に行きました^^;

割と直前になって舞台挨拶への登壇が発表されたんですよ。だから一度生で拝んでおきたい!と思って。

速攻でチケットを申し込んで、新幹線とホテルもバタバタと予約。
(↑こういう時の行動は異常に早い私)

「アジア三面鏡」とは

「アジア三面鏡」プロジェクトは、アジア各国で活動する映画監督3名が、一つのテーマに沿ってそれぞれのオムニバス映画を制作するというものです。

今回はその第2弾だそうで、テーマは「旅(Journey)」

アジアの国々を旅する人達を主人公に、その土地の情景や人間模様を描いた作品が3作揃っています。

東京国際映画祭上映前の舞台挨拶

ワールドプレミア上映となったこの日は、公開前に監督・出演者による舞台挨拶が行われました。

ハセヒロさんもご登場です。あぁこの時を待っていた・・!!ヾ(≧▽≦)ノ

 

あまりの感動に口を押さえたまま固まってました。

生のお姿を拝見したのは初めてだったんですが、もう美しすぎる

スラッとしてて背は高い、脚は細長い、顔は小さい、手は綺麗。

いや~美しい、美しかった・・

 

それに、他の方々の挨拶中に客席を広ーく見渡しておられたんですよ。

だから時々本当に目が合ってしまった(ような気がしました)。

 

ご本人曰く「記者会でいろいろ喋りすぎたので、今日はもう喋りません」と、挨拶自体は一瞬でしたけど(苦笑)

それでも、やっとお目にかかることが出来て本当に嬉しかったです。

その後、退場される方は退場して、一緒に鑑賞する方は客席に下りて、いよいよ作品の上映がスタートしました。



各作品感想(ネタバレ注意)

デグナー監督『海』

1作目は中国の女性監督・デグナーさんの作品。

北京を出て旅行に向かう母娘の複雑な関係を描いた物語です。

 

夫を亡くし、これからの生き方を自分なりに模索する母(チェン・ジン)。

一人で突っ走る母に苛立ちを感じ、周囲の人間とも上手く関係を築けない娘(ゴン・チェ)。

ぶつかり合いながらも旅行を続ける二人は、最後に広い海に辿り着いて・・というストーリー。

宮城の沿岸から臨む太平洋

ひたすら母娘のやり取りが話の中心になっています。

ギクシャクした関係であるが故に、互いにヒステリックに感情をぶつける場面も。このへんは観ていてちょっと切なかったですね。

 

同時に、私も10代の頃はこの娘ちゃんのような態度を母にとってたなぁ・・と、ちょっと懐かしい気持ちにもなりました(苦笑)

人間関係が上手くいかなくて、それを相談出来る人もいなくて、一番身近な家族にイライラしてましたよ私も。

 

でも今思うと、きっと私の母も上手くアドバイスが出来なくて悩んでいたのかもしれません。

この作品のお母さんも、娘とどう接したらいいのか分からなくて、彼女のいない所で涙を流していた場面が印象的でした。

それぞれが悩みを抱えていて、どう対処したらいいのか分からず苦しんでいる母娘。

肩を寄せ合う二人の女性

だから人ってやっぱり、誰かの助け・何かの支えがないと生きていけないんだな、と改めて思いましたね。

悲しい時に優しく見守ってくれる人が一人でもいれば、その愛情を感じてまた前に進むことが出来る。

そしてそういう人は、意外と自分の近くにいてくれるもの。

 

身近な人との何気ないやり取りこそ本当に大切で、自分の幸せに繫がるものなのかもしれない。

そんなふうに感じました。

松永大司監督『碧朱(へきしゅ)』

2作目の舞台は開発事業が進むミャンマーの町・ヤンゴン。

ミャンマー・ヤンゴンの機関車

日本から渡ってきた商社マンの鈴木(長谷川博己)は、この町の鉄道を整備し、環状列車の速度を上げる事業に携わっています。

現地で出会った人々との交流と、そこで生まれる彼の様々な感情を通して、豊かになっていく生活と、その裏で失われていくものを描いた物語です。

 

特に心に残ったのが、「日本は全てが速い」という主人公・鈴木さんのセリフ。

700系新幹線のイラスト

私もこの日は新幹線で上京したんですが、言うまでもなく速いし快適です。

だけど、景色が一瞬で変わってしまうんですよね。

一つ一つの街並みとか、そこに住んでいる人達の生活を眺めながら、ゆっくり移動することって最近少なくなったなぁと感じました。

 

自動改札もあっという間に人が通り過ぎていくし、ホテルのキーはカードになっていて、ゴミ箱に入れるだけでチェックアウト完了だし。

「日本ってこんなに慌ただしい生活してる国だったんだ・・」って、まさに私も思ってたんです。

 

一方、この作品の舞台であるヤンゴンの街は、列車の速度は速くはないけれど景色をゆっくり楽しめる。

服を作るのも手作業で時間がかかるけれど、人の温もりを感じられる。

 

生活は日本ほど便利でなくても、どこか温かみのある国です。

しょっちゅう停電する家で、ロウソクに火を点けながらみんなでバースデーソングを歌う場面はほっこりしました(笑)

 

そうして現地の人々の優しさ、生活の様子を垣間見ながら、鈴木さんは自分の事業に疑問を感じるようになります。

「便利になるのはいいことだけど、そこまで豊かさを追求する意味はどこにあるの?」と問いかけてくるような作品でした。

エドウィン監督『第三の変数』

最後はインドネシアの監督・エドウィンさんの作品で、東京が舞台です。

マンネリ化した付き合いを続けるインドネシア人夫婦が、宿泊先でアジア人の恋愛事情を研究しているコンサルタントに出会い、彼に協力を求められて・・というストーリー。

道で手を繋いで並ぶカップル

個人的に、この作品は結構難解でした(汗)

タイトル通り、三角関係を主軸に描いてるんですが、私が恋愛未経験者だからなのか、なんか独特な雰囲気の作品だなぁという印象。

 

最終的には夫婦としての絆を取り戻した・・んだと思うんですが、それまでシュールな展開が続くので、私としてはついていくのに精一杯だった感じです(>_<)

すいません!感想としてまとめるにはちょっと理解力が足りなかった・・

 

ただ終盤、皆さんご存知の日本人俳優がなんの前説もなく急に登場する、という意外なシーンが待ち受けていてびっくりしました。

周りのお客さんもちょっとザワついてましたね(笑)「なんで!?」って。



【まとめ】自分を見つめ直したい時に観たい作品

上映時間はトータルで約83分。

3作ともどんでん返しが起こるとか、展開が読めないとかいう映画ではありません。

短いし、人間模様を読み取る作品が多いので、ボンヤリ観ていると「あれ?終わり?」となってしまう可能性もありそうです^^;

 

物語を楽しむというより、雰囲気そのものを味わうような映画という感じでした。

私も自分の解釈が、監督方のそれと合ってるのかどうかは分からないです。多分違うような気がする(汗)

まあ、観た人それぞれが何かを感じてもらえたら・・という体でいいのかもしれませんけど。

 

全部舞台が異なるので、短い時間の中で旅に出ているような気分になれます。

だから、異国の情景や人間模様を見ながら自分を見つめ直す機会にはなるんじゃないかと。

円盤化されるのかどうかは定かじゃありませんが、もしされるならおうちでゆっくりと世界旅行を楽しめそうな作品だと思いますね(*´ω`*)

 

以上、東京国際映画祭のレポートでした!

会場自体も非日常的な雰囲気でワクワクするので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

安音でした、チャオ♪