安音です♪

 

平成最後の夏。

私にとって大事な大事な夏。

今年は最高に「ハイ!」な夏となりました。

 

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの作者・荒木飛呂彦先生の原画展が国立新美術館で開催されるからです。

そしてつい先日、足を運んできたからです!

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」国立新美術館前の広告

去年連載30周年を迎えた『ジョジョ』。その集大成ともいえるのが今回の展覧会なわけですね。

30年の歴史、そして荒木先生が描き続けてきた「人間讃歌」を数々の原画と共に振り返っていこうという。

 

去年の12月に発表があってからおよそ8ヶ月、一読者の私もずーっと心待ちにしておりました。

ということで、今回はその模様をお届けします!



チケットをゲットせよ!

まず、チケット先行予約が始まったのが今年6月。

予約開始初日、ワクワクしながらローソンチケットのホームページを開こうとしたら、全然繫がらない!(汗)

 

いやー・・、どうせ大丈夫だろうと思ってた自分がバカでした。

完全にジョジョ人気ナメてました。

 

10回ぐらいアクセスしてようやく開いたものの、開催日前半はあっという間に予約が埋まっていき心底焦る私。

そんな荒波を掻き分けて、なんとか2日目の8月25日分のチケットを確保したのでした。
(早いうちにレポートをお届けしたいな~と思って、どうしても8月中に行きたかったのです・・)



国立新美術館に向かえ!

迎えた当日。

豪雨災害が相次いだ上台風も接近していたので、影響がないか心配でしたが、無事に離れていき一安心。

夏空と猛暑の中、宮城から東京に向けて出発です!

 

そしたら、行きの新幹線の中でこの冊子が目に留まったんですよ。

JR東日本発行の『トランヴェール』

『トランヴェール』2018年8月号

“宮城は漫画・アニメの舞台装置だ!”

この特集タイトルを見て「もしや・・?」と思い、開いてみたら、

『トランヴェール』2018年8月号 『ジョジョの奇妙な冒険』紹介記事

載ってたー!!(゚∀゚)

宮城のマンガ・アニメの聖地巡礼を紹介する内容で、『ジョジョ』も仙台と関係の深い作品としてバッチリ載ってました。

他にも、登米市中田町出身の石ノ森章太郎さんの作品や、アニメ『Wake Up,Girls!』などが紹介されていましたよ。

普段あまりこういうペーパーは読まないんですが、今回はしっかりとお持ち帰りさせていただきました♪

 

朝8時に家を発ち、車→東北新幹線で東京駅へ。

その後丸ノ内線→千代田線と乗り継いで、13時過ぎに乃木坂駅に到着!

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」乃木坂駅構内の広告
▲駅構内でも宣伝中

ここから会場までは歩いてすぐなので、迷うことなく辿り着くことが出来ました(*^^)



原画展感想ッ!

暑さ対策とガイド機のレンタルをお忘れなく!

予想はしていたものの暑い(汗)(汗)(汗)

館内もあまり冷房が効いてないし、人口密度が高いので、うちわとか扇子とか扇げるものがあったほうが絶対にいいですね。

せっかくの楽しみを台無しにしないように、皆さんも体調にはくれぐれもお気を付けください。

ジョジョフェス2017で配布されたシアーハートアタックうちわ

↑私は去年仙台のジョジョフェスでもらったシアーハートアタックうちわが大変重宝しました(笑)

そして定刻。いよいよ展示室の中へ入場!

 

まずは入り口で音声ガイド機をレンタル。

これを耳に当てると、作品ごとの解説や荒木先生ご自身による制作の裏話を聞くことが出来ます。

500円ほどかかるんですが、操作は簡単ですし、展示をより深く味わうことが出来るので、是非一台借りておくことをおすすめします!

原画だからこそ味わえる迫力

去年のジョジョ展でも感じたことですが、印刷で見たものと全然印象が違いますね。

青鉛筆での下描きやホワイトの修正痕もしっかり残っていて、実際に見なければ味わえないであろうライブ感があります。

カラー原画もより一層色彩豊かに感じられたし、一枚一枚を見るたびに思わず溜め息が出てしまうほど。本当に綺麗でした。

 

個人的に特にグッと来たのが、1部のジョナサンの最期と、6部の徐倫vsプッチ神父のラストバトルの原画。

主人公とそのライバルとの戦闘シーンに焦点を当てたコーナー【ハイ・ヴォルテージ】に展示されています。

 

命を懸けた戦いの中で、未来に続く大切なものを遺していく『ジョジョ』の主人公達。

「たとえ自分の身が滅んでも、その魂が受け継がれるのなら敗北ではない」という解説も心に響きました。

そんな彼らの勇姿がビシビシと伝わってきて、大げさではなくマジメに泣きそうになっちゃいましたよ・・

 

また主人公だけじゃなく、敵キャラにもちゃんと魅力を持たせているのが『ジョジョ』の見所の一つ。

悪人であっても自分の美学を持って堂々と生きるキャラクター。私もそのカッコよさにシビれてあこがれた人間の一人です。

そんな「それぞれの正義のぶつかり合い」をじっくりと堪能出来るコーナーでした!

ここだけ撮影OK!フォトスポット

基本撮影NGの館内ですが、1ヵ所だけ許可されているのが、これまでの原画展の公式ビジュアルなどが特大サイズで展示されているこちらのスペース。

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」フォトスポット(4部のイラスト)

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」フォトスポット(GUCCIとのコラボイラスト)

合計11枚のイラストが壁一面に広がってるんですが、もう美しすぎて言葉になりません。

長いことパシャパシャしながら、「ここに来れて幸せ・・」と心の中で何回も呟いてました。

多分美術ファンなら、いろんな距離や角度から見てどうのこうの・・ってやったりするのかもしれないですけど、素人の私はそこまで頭が回らなかった(汗)

 

こういうの見てると、もはや「マンガ」ということすら感じさせないんですよね。マンガなんていう言葉でこの作品を言い表すのがおこがましいくらい。

完全にアートです。美術の領域。

まさにこの会場で展示されるに相応しい作品ですよ(熱弁)

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」フォトスポット(5部のイラスト)

東北出身者にとって嬉しいのはこのイラスト!新幹線はやぶさ号と5部のブチャラティチームのコラボです。
(私もこの日の新幹線ははやぶさ)

ブロックがピンクで塗られていたり、シルエットがキラキラしていたり、さすがは荒木先生の色彩感覚ですね。

ジョルノ達、これからどこに向かおうとしてるんでしょうか?

ここでしか見られない新作大型原画

さて、展覧会終盤では荒木先生が今回のために描き下ろした大型原画が見られます。

タイトルは「裏切り者は常にいる」

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に着想を得たという作品で、これまでのキャラクター達がパートや敵味方を問わず12枚の原画の中に描かれています。

 

 

素晴らしい。

 

いや素晴らしい。

言葉が出ない。出たとしてもこの一言に尽きる。それしか言う言葉がみつからない・・・

 

だってこれを目にした瞬間、「わざわざ宮城から足運んで良かった(涙)」って心から思いましたもん。

もうずーっと見ていたくて、しばらくその場に佇んじゃってました。

本当に感動ものです。ありがとうございます、素晴らしい(3回目)。

 

※あの方の衣装が過去最高にきわどいことになってましたが・・(笑)

 

ということで、幸せと興奮でいっぱいのまま出口へ。

もっとゆっくりじっくり見たかったんですが、日帰りなので夕方にはまた新幹線に乗らないといけなかったんです(>_<)

今回の戦利品

ちなみに、私がこの日購入したグッズはこちら。

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」公式図録

↑まずは公式図録

今回展示されていた原画が一通り載っているので、これはやっぱり一冊あると思い出も深まりますね!

行きたくても行けなかった人に見せてあげればきっと喜ばれると思います。

 

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」ジョジョ展に行ってきましたクッキーのパッケージ

↑続いて「ジョジョ展に行ってきましたクッキー」

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」ジョジョ展に行ってきましたクッキーの中身

JOJOロゴとスタープラチナ、ザ・ワールドの3種類の絵柄がランダムに封入されてます。

お土産として購入するのにぴったり!素朴な風味の美味しいバタークッキーでした。

 

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」ジョルノブローチとケース

↑あとはジョルノのテントウ虫ブローチです。

ついに商品化しちゃったんですね。ひょっとしたら生命も宿ってるかも。

これは早速Myシンセサイザーのケースに付けてみました。音楽に生命を与える・・という意味も込めて(←今思いついた)

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」ジョルノブローチを付けたシンセサイザーのケース
▲一昨年、仙台のイベントで買ったイギーのストラップと一緒に

 

原画展開催期間中の特別企画

メルセデス ミー東京とのコラボ

さて、美術館を後にしてすぐ、足を運んでおきたい場所が2つほどありました。

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」開催期間中のメルセデス ミー東京の外装(ジョナサンとジョセフ)

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」開催期間中のメルセデス ミー東京の外装(歴代ジョジョ)

まずは会場から程近いところにある六本木のメルセデス ミー東京

今回の原画展とコラボする形で、ガラスには歴代ジョジョ達が!(写真だとちょっと見にくいですが)

メルセデス ミー東京で展示された特別仕様のメルセデスベンツ

↑施設内では特別仕様の車が展示されていました。通称「ドドドカー」

あのメルセデスベンツがこんなに擬音まみれになっちゃってます(笑)ドドドド・・

 

また中のカフェとレストランでは、期間限定のコラボメニューも提供。

メルセデス ミー東京DOWNSTAIRS COFFEE エメラルド・スプラッシュ・ソーダとコースター

今回は1階カフェ・DOWNSTAIRS COFFEEで「エメラルド・スプラッシュ・ソーダ」をいただきました!

泡がパチパチパチパチ・・とエメラルドスプラッシュの如く弾けてる、スッキリ後味のメロンソーダです。

注文すると専用のコースターももらえます。絵柄はもちろん花京院♪

 

もちろんチェリーはこっそりレロレロして食べましたよ~。

え、ジョジョラーならやりますよね?私だけ?

六本木にOWSON出現ッ!

そしてもう1ヵ所行っておきたかったのが、コンビニ「オーソン」

こちらも原画展の開催に合わせ、期間限定で六本木にオープン。仙台イベントでも毎回足を運んでいるし、今回も!

 

・・と思いながら向かったんですが、場所が分からず見事に迷う(汗)

美術館周辺を彩る歴代ジョジョ達のフラッグを頼りに探すも、方向オンチっぷりを全力で発揮してしまいなかなか辿り着きませんでした。

20分ほど歩いてようやく青い看板を発見。いやー疲れた・・

荒木飛呂彦原画展「JOJO 冒険の波紋」 六本木通りのOWSON

ここでもTシャツなどの特別グッズが買えるんですが、使えるお金が限られてるので、帰りの新幹線で食べる夕飯だけ買って後にしてきました(苦笑)
(歩き回って結局夕飯だけかい)

 

【まとめ】原画展、ディ・モールト良いぞッ!

てなわけで、真夏の東京日帰りJOJOツアー、無事終了♪

何度も言いますけど本当に行って良かった。

幸せな時間でした。まさにグレートな祭典!

 

先程もちょっと書きましたけど、やっぱり原画は原画にしかない迫力があるんですよね。

紙の上で命を吹き込まれるキャラ達。物語を盛り上げる世界観。

その過程を直に味わうことが出来るのが、こういう展覧会の魅力だと思います。

 

素敵な作品を届けてくださった荒木先生はじめ、今回の企画に携わった全ての方々に感謝です。

改めて、30周年おめでとうございます。これからも素晴らしい作品を楽しみにしています。

たくさんの感動を本当にありがとうございました!

安音でした、チャオ♪