安音です♪

 

私は一応音大卒で、作曲を専攻していました。

現在はアマチュアのミュージカル劇団のスタッフとして、舞台で使われるBGMの作曲や演奏をしたり、歌の指導をしたりしています。

 

で、歌を歌ったり演奏をする時に用意しなければならないのが楽譜です。

最近はパソコンで誰でも作成することが出来るようになりましたね。

私も人に演奏してもらったり、歌ってもらう曲の楽譜は専用のソフトで作って渡します。

 

デジタルで作られた楽譜のいいところは、なんと言っても見やすいということ。

ただ、急いで楽譜を作らなきゃいけない時に、パソコンを起動させてソフトを立ち上げて、音符やテキストを一個一個打ち込んで・・ってやってると結構大変なんですよね。

しかも印刷した後にミスが見つかったら、またパソコンを立ち上げて修正しないといけません(汗)

 

そのため、急を要する時や自分で作曲をする時は、私も手書きで譜面を作ります。

手書きの文字や音にはその人の人相も表れるので、デジタルにはない温かみがあるというのもいいポイント。

 

ちなみに、私が親交のあるプロの作曲家さんやピアノの先生でも、「楽譜は手書き」という方は意外にたくさんいらっしゃいます。

 

そこでこの記事では、私が音大で学んだ楽譜の書き方や、今まで見てきた作曲家直筆の楽譜をもとに、「譜面を書く時にはこれがあると便利!」というアイテムを紹介していきます。

これから自分で楽譜を書いてみたい、という方の参考になれば嬉しいです!



手書きでの楽譜作成に使うもの

①五線譜

当然、まずはこれですね。

でも、五線譜なら何でもいいというわけではありません。演奏する人が見やすいサイズのものを選ぶ必要があります。

 

よくホームセンターで売られているのはB5のノートタイプやルーズリーフ。

ただ、サイズが小さいと楽譜がゴチャゴチャして、書く側も見る側も大変なんです。

私も小さいサイズの譜面に書くと、スペースが足りなくてストレスを感じてしまうことがありました(汗)

 

なので、

  • 1ページ10段か12段
  • サイズはA4かそれより少しだけ大きめのもの

を選ぶようにしましょう。

演奏用にしっかりした楽譜を作りたい場合には、もう少し丈夫な紙の五線譜に書くといいですよ!

ただ、作曲の際にアイデアを軽く起こしたり、簡単な譜面を作る程度であれば、B5サイズのノートでも全然構いません。

②Bまたは2Bの鉛筆

譜面の下書きをしたり、自分用に音をメモしたりする時に使います。

私も譜面を使って新曲を作る時は、こんなふうに鉛筆でノートにササッと書いていきます。

「シャーペンじゃダメなの?」という声もありそうですが、シャーペンは薄いので、鉛筆に比べて書いた音符が見えにくくなってしまうんです。

なので、鉛筆を使ったほうが簡単に見やすく書けます。

 

HBだと芯が固くて薄いので、Bもしくは2Bのものがベスト!

また、鉛筆の先は音符が書きやすいように、尖らせずに少し丸くしておきましょう。

③黒のサインペン

清書する時は、音符がよく見えるようにサインペンで書いていきます。

細めの芯と太めの芯、両方ついているものだと細かいところも書きやすいですね。

 

インクに関しては、私の経験上、出来れば油性がベターです。

大学時代、水性のペンで書いた楽譜が雨に濡れて滲みまくったことがあるからです・・(涙)

④黒のボールペン

楽譜の中のテキストや、細かい部分を書く時に用意しておくと便利です。

全部サインペンで太く書くと見づらくなるので、縦線やアーティキュレーションは細いラインで書いておくとメリハリがつきます。

こちらも、出来るだけ滲みの少ないものを選ぶのがおすすめです。

⑤定規

ラインが斜めだったり歪んだ譜面は非常に見にくいです。定規を使ってまっすぐ丁寧に書きましょう!

縦線だけでなく、クレッシェンド(<)・デクレッシェンド(>)のラインや「rit._ _ _ 」といったテキストも、定規を当てて書くと綺麗に仕上がります。



最後に

簡単に紹介してきましたが、私が普段使っているのはこんなところです。

これらのアイテムは必要最低限のものなので、ご自分の作業工程を見ながら、その他にあると便利なものを揃えてみていただければと思います。

 

▼▼楽譜を書く時のポイントまとめ▼▼

  • 五線譜のサイズは自分が書きやすく、演奏者も見やすい大きさのものを
  • 下書きの時はBか2Bの鉛筆を使うのがおすすめ!
    (音符の玉が書きやすいように、先は尖らせない)
  • 線はしっかり定規を使って書く!

譜面は丁寧に、正確に書く!

アナログにしろデジタルにしろ、譜面を書く上で大切なのは、楽譜をもらった側の気持ちを考えることです。

自分一人のために楽譜を作るのであればそこまでこだわる必要はないですが、誰かに見てもらうのであれば、その人が演奏しやすい譜面にしないといけません。

 

もし「この曲演奏して欲しいんだけど」とパッと楽譜を渡されて、それがものすごく見づらいものだったらどう思いますか?

強弱記号もざっくりとしか書いてない。スラーなのかブレスしていいのか、アーティキュレーションもちゃんと書かれてない・・

恐らく、どう演奏したらいいのか戸惑ってしまうはずです。

 

読みにくい楽譜は、演奏すると曲自体が汚いものになってしまうし、譜面を見る演奏者に対しても失礼です。

何が書いてあるか分からない楽譜はそもそも演奏の仕様がないですよね(汗)

 

ですので、手書きで楽譜を作る時も、見やすく分かりやすく書いてあげる必要があるわけです。

もちろん、ミスのないように!

 

音の一つ一つを丁寧に書いて、綺麗な曲に仕上げていってみてくださいね。

 

安音でした、チャオ♪